画像

【改訂版】トロントで写真映えする印象的な夜景スポットご紹介

これまで撮った写真の中から、トロントで夜景が特に印象的な場所をご紹介してみようと思います。

この記事の目次

冬が長いトロントは10月頃から日没が早くなりますので、CNタワーなど屋内から眺める場合はこの時期が見頃。屋外の場合、特にトロントアイランド島は夏限定になります(それ以外だと、ちょっと寒くて大変)。

CN タワー展望台

20130114_203844

第一位は、CNタワーの展望台から眺めるダウンタウンの夜景。上の写真は POD と呼ばれる最上階のミニ展望台から金融街を見下ろしたところ。右側に線路が見えているのはユニオン駅。写真の上が紫になっているのは、タワーのイルミネーションが反射したせいです。

20130114_205807

これは一つ下にある通常の展望階からの眺め。

39119653710_d412c7c2e3_k.jpg

2018年より展望階の窓が床から天井までの大きなものに変わりました。そのため、以前より迫力のある景色を楽しむことができます。これは夜景ではありませんが、夕暮れの景色もきれいです。

R9253709

少し離れた場所からの CN タワーもきれいです。列車が通過する時を狙うと、ヘッドライトの光線がきれいに出て、また違った味わいが生まれます。

CN タワー:
http://www.cntower.ca/

トロントアイランド島

34587783431_17fc7d8f2b_o.jpg

ダウンタウンからフェリーで10分ちょっとで到着するトロントアイランド島。写真はカナダデー(建国記念日)に上がった花火のシーン。

35417201654_fd2c3e5669_k.jpg

簡単なものでいいので、三脚を立てて長時間露光をチャレンジしてみてください。湖に映る光がきれいですよ。

34337767090_c8e33ca702_o.jpg

先ほどの CN タワーと同様、夕暮れ時もきれいです。

トロントアイランド島へのフェリースケジュール:
https://www.toronto.ca/explore-enjoy/parks-gardens-beaches/toronto-island-park/all-ferry-schedules/

高層階のバー・ラウンジ

72_R9269547-2

マニュライフセンターの高層階にあるバーからの夜景は、昔から大変有名。食事をしなければ入れないので、写真を撮るためにはちょっとお金がかかりますが、美しい夜景は印象的。この写真は、手前に見える半円形の双眼鏡の上にカメラを乗せて、少し眺めの露出にしています。

One Eighty:
http://www.the51stfloor.com/

ウイスキー醸造所跡地

クリスマスは、トロントでもっとも夜景映えする時期。ここ数年、ヨーロッパスタイルのクリスマス・マーケットは大人気です。ツリー点火式の時が1番の盛り上がりになるので、その時を狙って写真を撮りに行くのも良いでしょう。

Toronto Christmas Market:
http://torontochristmasmarket.com/

トロント市庁舎前広場

36355530101_bf8881e261_k (1).jpg

「TORONTO」という大きなサイン(通称3Dサイン)ができてから、記念撮影のスポットとして有名になりました。夕暮れ時がドラマチックできれいです。

R9258352

アイスリンクがオープンとなるトロント公式クリスマスツリー点火式後は、まさにカナダというシーンを撮ることができます。正面からもいいですが、この角度も印象的です。

R9257270

3Dサインは時間で色が変わりますから、こんなポップな色合いになることもあります。

広告
画像

トロントでフィルムを買う

普段はほぼデジカメですが、時々フィルムカメラで撮りたい時には、イートンセンターの南側出口からクイーン通りを東に歩いて2ブロック先にある2軒のカメラ屋か、ヤングとエルムの角にある Aden camera (http://adencamera.com/) に向かいます。

IMG_2768.jpg

手前に Downtown Camera(https://www.downtowncamera.com/)、チャーチ通りを渡った角に Henry’s(https://www.henrys.com/)、この2軒のどちらでもフィルムを販売しています。買い方は、二つのお店とも入り口そばのカウンターで、以下の項目を言うと出してくるという手順になります。

・カラーか白黒
・スピード(ISO感度)
・枚数(24or36)
・銘柄

今回買ったのは、カラー3本セットと白黒2本の計5本。合計59ドル86セントでした(税込)。

Untitled

まずはフジのカラーフィルム。3本パックがお得だというオススメもありレシートを見ると、27ドル99セント(1本9ドル33セント)。たしかにおトクでした。

Untitled

白黒はコダックのトライX。こちらはちょっと高くて、14ドル99セント。

Untitled

ここまで来て、カウンターで応対してくれたお姉さんと「白黒フィルムのイルフォードも試してみたいんだけど・・」と言ったら「これがおススメよ」と出してくれたのはイルフォードのXP2 Super。1本9ドル99セントで、フジのカラーフィルムとほぼ同じなので値段的には使いやすそうです。

Untitled

おススメポイントは現像がC41という一般的なカラー現像と同じ方式。現像所が極端に少ないトロントの場合、どこでも受け付けてくれるのは安心。

Untitled

Rollei35にはまだカラーフィルムが入っているので、イルフォードをレチナに装填。

Untitled

このカメラにフィルムを入れるのは2度目ですが、迷わず完了。トライXだと特定の現像所に送らなければならないので、割高&時間がかかります。

イルフォードの XP2/400 は通常のカラー現像と同じ方式で使える白黒フィルムのため、この2つのお店なら撮り終えてから1時間現像ができるので、大変便利ですね。現像編ブログは下記ご覧ください。
https://makotophotography.blog/2017/05/09/89/

画像

TimBitsの可愛いパッケージ

ちょっと小腹が空いたのと、甘いものでも食べたいと思い入ったティムホートンズ。パッケージが超絶可愛いカナダ150周年記念のデザインになっていました。

Untitled

最初の店で20個入りを買い、おなじみ赤のデザインのパッケージが出てきてびっくり。

Untitled

カナダバッグの上に乗っけてみました。

Untitled

帰り際に駅のそばの店で10個入りを(念のため)買ったら、こっちの方がパッケージが可愛い。

この小さな感じがいかにもTimBits。

Untitled

こんなことになっていたなんて、うっかり見逃していました。結局全部を家に持って帰り、眺めてみることにしました。

Untitled

上からの眺め。

Untitled

横は2種類で、こちらはロッキー山脈を走るクルマの窓からTimBits。

Untitled

反対側は、オーロラが出現しているキャンプ場にTimBits。

Untitled

10個入りには11個入れてくれました。ラッキー。

Untitled

早速、タンブラーの着せ替えを作ってしまいました。

画像

Distagon 2.8/25 ZF を SONY A7SII で使う

1本だけ持っているカールツァイスのレンズ。重いけれど、写りがいいのでずっと気に入って使っていました。

Untitled

広角系ですが、17センチまで寄れるという非常に面白い特徴があります。

Untitled

もともとニコン用ですが、これに KIPON のライカマウントリングをつけて GXR でも使えるようにしていたのですが、

Untitled

アルファ7をライカマウントにしているので、試しにつけてみました。

Untitled

マウントアダプターが重なっちゃいます。

Untitled

それでも、なかなか姿は良い感じで、

Untitled

被写体にほとんどレンズが着きそうなくらいに寄れるので、こういう感じになります。このレンズはキープしておいて良かった。

画像

エアカナダの機内小冊子NAVI

飛行機に乗ると最初にするのが、座席前のポケットに入っているモノのチェック。前回エアカナダ羽田便に乗った時に気づいたのが、この「NAVI」という小冊子。

Untitled

トロントの空港鉄道 UP Express や VIA鉄道で用意されるこうしたモノ。ここ最近制作のクオリティが上がり、紙質や紙面構成、内容に趣向を凝らして作るのが流行しているようで、ついにエアカナダもこうした小冊子を作り始めました。

Untitled

中を開くと、使用機材のリストだったり、

Untitled

シートマップ。

Untitled

空港の見取り図に加えて、

Untitled

差し込みで大きな路線図。これはなかなか豪華です。

Untitled

驚いたのは、時刻表があること。鉄道の時刻表は一般的ですが、航空会社の時刻表を手にしたのは初めてです。

Untitled

トロント直行便もちゃんとありました。これは読み応えありそうです。

画像

メガネケースをDIY

一時帰国の際に伊東屋で見つけた赤い小さなケース。何に使うかも決めないで買ったモノですが、DIY してメガネケースにしてしまいます。

Untitled

イタリア製とのことですが、本来何を入れるものなのかは不明。持った感じが良かったので買ってしまいました。入れるメガネは恵比寿の groom(ジールーム)オリジナル。メガネ本体が折りたたみで、買った時に付いてきたソフトケースだと持ち運ぶ時に不安でした。

Untitled

そこでソフトケースの代用として入れてみるのですが、フレームの縁がどうしても1ミリほどはみ出してしまい、蓋が閉まりません。この状態で店主に見せたら「メガネが壊れるからやめなさい」と言われてションボリしていました。

Untitled

閉まらない原因は、ケースの内張。

Untitled

剥がすと、きっちり入ります。でも、このままだとメガネを傷つけてしまいます。

Untitled

買った時についてきた布を敷いてみます。

Untitled

上手に包むと蓋は閉まる状態。振ってみるとカタカタ音がしますから、内部は多少余裕がある。

Untitled

最初に剥がした内張を元に戻すことにします。そのまま戻すと蓋が閉まりませんので、切ります。

Untitled

切る分量は悩むところですが、まずはこれくらい。

Untitled

元に戻し、メガネを入れ蓋が閉まることを確認します。

Untitled

その際、先ほどの布を切って下に敷いておきます。細かいところの完成度はまだまだですが、イメージとしてはこの状態で蓋がきっちり閉まり、中のメガネが動かなければ目的達成とします。

Untitled

閉まりました。振っても音はしませんので、内部のサイズも良さそうです。布の色とか材質、貼り方はもう少し工夫できる余地があります。

以下は後日談です。ケースのボトムの布を当てた部分にオレンジ色の布を使っていましたが、黒に貼り直しました。

貼った後に細かな部分を見て行きます。特にケースのエッジの部分が綺麗ではありませんね。

貼り直しても、サイズ的には問題ないことを確認。貼り直しと言っても前回のオレンジの上に黒を貼っているので、メガネの保護という点ではさらに良くなったかと思います。

はみ出している部分の確認。これをハサミでできるだけ綺麗に切りそろえて行きます。

その上で、瞬間接着剤を使って貼って行きます。

うまく貼れたでしょうか。

確認のため、メガネを入れて蓋が綺麗に閉まるかどうかをやってみましたが問題ないようでした。念のため、接着剤が完全に乾くまではメガネは入れないでおきます。

満足できる仕上がりになりました。

画像

クラフトビール〜Bellwoods Brewery

久しぶりにレンタカーをしたので、前から気になっていたビール屋さんへ。(Bellwoods Brewery

マイクロ・ブルワリー(小規模なビール醸造家)が大流行りのトロント。バラエティ豊かなビールが店頭に並び始めました。特にローカルなお客さんを対象にしたクラフトビール造りは、売り上げがしっかりと見える点でシビアでしょうけれど、お客さんの顔が見える商売は楽しいだろうと想像します。

Untitled

ここはラベルのデザインが特徴的で、しかもロゴの赤いベルが可愛い。ケベックシティのビール屋さんに入った時に感じたインパクトのあるラベルに近い空気があったのが気に入りました。ここはツイッターやインスタグラムを使って上手に宣伝をしていて、知ったのはツイッターから。この辺も好感が持てます。

Untitled

訪れたお店はオジントン(Ossington)で、ボトルショップ(右)とバー・レストラン(左)に分かれています。今日はボトルショップでビールを買います。

何が買えるかはツイッターが教えてくれますが、「ボトル1000本できました」的なアナウンスで、見ていると数日で完売。このルーティンを繰り返しているようですが、売り切れてしまうというのは「早速買いにいかないと」という要素と「次はどんなビールを作るのかな?」という2つの期待感を持たせる意味でとても効果的ですね。

Untitled

ボトルショップの前の看板には、その日のラインアップがこんな風に出ています。

Untitled

初めてですけど、と言ったら「じゃあ、1本ずつ?」となったので、この日出ていた5種類を1本ずつと、オリジナルのチューリップ型のビールグラスを一つ。オリジナルグッズも、重要。

Untitled

これがその5本。さてどんなビールなのか、これからが楽しみです。

画像

DIYタンブラーの着せ替え

Untitled

ティムホートンズがカナダ建国150周年を記念して、カナダデーに始めたロールアップ・ザ・リム・トゥー・ウイン。カップのデザインが変わったので、早速ゲット。これを使って、DIYしたタンブラーの着せ替えを作ってみることにしました。(前回の顛末はこちらから

まずは、リムローラーを取り出し、

Untitled

くじのチェック。

Untitled

外れました。

Untitled

前回作ったモノを型紙に、早速新しい型紙を作ります。

Untitled

一回作ってあるので、今度は大変ラク。あっという間にできてしまいました。

Untitled

今回は、これも内側にしまえないかと考え、色々試行錯誤の末表紙の写真のようになりました。こんな感じで着せ替えが増えてゆくと楽しいものだと、そんな風に思います。

画像

CNタワーでカナダ建国記念日の花火

今年(2017年)のカナダデーは、花火を撮っています。昨晩はCNタワーへ。

DSC00193

花火の撮影場所を考えながらうろうろ。この姿が気に入りました。

20170701_212202

展望台の色がカラフルに変わるイルミネーションに気づき、日が暮れるまで暇つぶし。「Canada 150」とロゴが投影されていたのは、パソコンの画面で初めてわかりました。

DSC00195

夕暮れ時になると、騒がしくなってきます。皆さんもどこで花火を見ようかとウロウロ。気持ちは一緒ですね。

DSC00202

花火が始まりました。もっと全体的に花火が来るかと思ったのですが、最後まで一番上の展望台周りで花火が踊って、レンズ間違いをしてしまったようです。

α7に GOPRO をつけておいたので、ムービーも撮っておきました。6分30秒のフルバージョンでどうぞ。

DSC00206

クロップするとしっかり撮れていますね。

DSC00216_FN-2

肉眼ではなかなかわからない部分が、写真にすると鮮やかに出てくるのが花火写真の楽しみです。

画像

トロント市庁舎前の花火

昨晩(2017年6月30日)から始まった、トロント市庁舎前広場の「CANADA DAYS」イベント。月曜日までの4日間、カナダ建国150周年記念ということで、毎晩花火が上がります。

花火の撮影は一にも二にも場所選びから。昨日は夕方6時半に場所を確保し、花火が始まる10時50分まで始まるのを待ちます。

DSC00190

α7に使い慣れた12ミリ広角をつけるのは、花火と群衆を同時に収める狙いがあるため。三脚+レリーズも使います。万全の体制を整えても突然の出来事は起こるもの。花火が始まる直前にポツポツ雨が降り始めたため、雨つぶがつかないよう手でレンズを覆ってやりすごし、6分間の撮影を待ちます。

72_DSC00189-3

TORONTO サインが明るいので ISO を落とし、F11、シャッタースビードは10秒。タイミングを見ながらシャッターを切り続けます。α7で長時間露光撮影は初めてだったのでいくつか調整すべき点に気づいたものの、データを100%に拡大して見ると思った以上によく撮れたのでホッとしました。フォクトレンダーはよく写ります。欲を言えばキリがありませんが、これだけ撮れれば充分。とてもきれいな花火でした。

この動画は2日後(7月2日)日曜日のもの。最初から最後まで、α7のホットシューにつけておいた GOPRO で撮った5分のムービーをご覧ください。

Untitled

メインステージにはシークレット・ゲストのドレイク登場。彼の呼び込みで花火がスタート。カナダ各地で花火は上がっていると思いますが、トロントはカナダ建国150周年を超えて未来に向かいさらに成長し続ける自由なエネルギーに満ち溢れている街になっていくと実感しました。

DSC00249_FN

今回の目標は、花火を囲む多くの人たち。そのイメージに近い一枚を撮ることができました。Flickr に上げてあるので、この写真をクリックし元画像ををクリックすると100%のサイズで見ることができます。

美しい花火を楽しませてもらいました。