コンテンツへ移動
広告

Distagon 2.8/25 ZF を SONY A7SII で使う

1本だけ持っているカールツァイスのレンズ。重いけれど、写りがいいのでずっと気に入って使っていました。

Untitled

広角系ですが、17センチまで寄れるという非常に面白い特徴があります。

Untitled

もともとニコン用ですが、これに KIPON のライカマウントリングをつけて GXR でも使えるようにしていたのですが、

Untitled

アルファ7をライカマウントにしているので、試しにつけてみました。

Untitled

マウントアダプターが重なっちゃいます。

Untitled

それでも、なかなか姿は良い感じで、

Untitled

被写体にほとんどレンズが着きそうなくらいに寄れるので、こういう感じになります。このレンズはキープしておいて良かった。

カテゴリー

写真

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。