本格四川料理、水煮牛肉をテイクアウト

今日は、我が家から地下鉄で3駅先 Sheppard-Yonge のWhole Foods 正面にあるフードコートにできた Eupin というテイクアウト店へ。

店のことを知ったのは数日前のこと。早速行ったのは、メニューにある「水煮牛肉」と「青椒肉絲」。これらをテイクアウトできる店は初めてです。

お馴染みのフードコートの一角にあるテイクアウト専門店という風貌。この手の店は、いわゆる飯のせスタイルで、発泡スチロールの容器に入った大量の中国米、脂っこい炒め物をどっさり乗せで10ドルくらいの値段をつけるというのが定番。

この店の場合、ちょっと違うスタイルを目指しているようで、おかずとご飯は別容器で、紙袋に入れてくれます。

カウンターのメニューをお借りして、写メしました。これはメイン。値段が高い。

裏目はサラダや飲み物。トマトオムレツが結構出てました。

私達家族がトロントに来たのが、今から20年も前のこと。子供を通して知り合った友人に「美味しい中華料理屋さんがあるから、ぜひ連れて行きたい」と言われ、生まれて初めて食べたのが「水煮牛肉」でした。友人は、激辛好きの中国人。本場の舌には敵いません。別な日に家族だけで訪れて「辛くない」メニューを選んで注文。餃子、冷製豚足、卵スープ、鉄板牛肉、鳥の唐揚げ、チャーハンなどどれも美味しく、多い時は週3回も通う常連さんになってしまいました。

しばらくして、激辛「水煮牛肉」のことを思い出し、日本人の私達用にすこし辛さ控えめのものをお願いすると、柔らかく煮込んだ牛肉と白菜のバランスが美味しく、トロント思い出の味となりました。

話が長くなりましたが、家に戻り Eupin のそれを食べてみると、私達が食べてきたあの味と全く同じでした。

この他に青椒肉絲もありましたので、念のためにそれも注文。肉が太い食べ応えのあるもので、こちらも美味しかったです。

値段的には2つで31ドルとテイクアウトのお値段ではありませんでしたが、食べたい時にあの味と同じ「水煮牛肉」を食べることができる、と言うのが今回の収穫でした。

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください