エアポートリムジンのチケット購入詳細

エアカナダのトロント直行便が発着する羽田空港から都心部へのアクセスは京急 or 地下鉄、リムジンバスの3種類。

P1040697

最終目的地によっても選択肢は変わりますが、楽なのはスーツケースを預けて座れるリムジンバスですよね。その公式サイト「リムジン WEB」予約システムがリニューアルしたというニュースが発表されましたので、今一度チケット購入の方法についてまとめてみたいと思います。

新システムの狙いは?

20151222_044659.JPG

羽田空港の場合、一番手軽なチケット購入方法は国際線到着ロビーのカウンター。常に行列で、荷物がターンテーブルから出てくるのに時間がかかる場合は出発時間ギリギリになる場合がほとんど。

P1040692

羽田の場合、券売機は1階のバス発着場にありますので、よほどギリギリの場合であれば係員に声をかけてから券売機で急いでチケットを買って乗るというような形になりそうです(やったことはありませんが)。

WEB購入は出発の10分前まで可能

今回こうしたチケット購入手続きを、稼働は2018年4月2日午前10時より、日本語以外の言語でも手元のスマホでできるようにするのが公式WEBのリニューアルの目玉として発表されています。スマホで予約票見せるだけでそのまま乗車できるので、日本語に不慣れな海外からの旅行者が使い慣れた手元のスマホを使ってチケットを買うことができれば、乗客が増えると考えているのでしょう。

日本語を話す私としては「出発10分前まで」と言うキーワードに注目。時間ギリギリで先のカウンターが大行列の場合、スマホで予約するのがいいのか、それとも1階の券売機で買うのが早いのか、と言うところがポイントになりそうです。

払い戻しと時間変更のルール

一旦予約されたチケットの払い戻しは手数料100円で、時間変更は1回に限り無料。出発後の払い戻しや時間変更は不可です。飛行機の遅延などでどうしても変更が必要になることもあるので、やはり空港に着いてから予約をする必要があります。

会員登録の流れ

利用には会員登録(無料)が必要だと言うので、公式サイトから会員登録だけしておきます。

ウエブサイトにアクセスしてスクロールすると「新規会員登録」ボタンが出てきますので、タップ。

規約的な文章がズラズラと出てきたので、下にスクロール。最後の「同意する」ボタンをタップして進みます。

登録にはメルアドとパスワードを設定します。その他必要なのは住所、氏名、年齢、電話番号まで聞かれました。結構たくさんの項目にビックリ。購入にはクレジットカードを使うので、住所確認ということなのでしょうか。

見慣れない「メール区分」という項目があったのですが、予約確認票がメールで送られてくるのを受けるのはスマホしか使わないので、「スマートフォン用」を選択。

全て入れ終わると、システムから「仮登録完了」メールが届きます。メールのアドレスをクリックすると確認が終了し、「本登録完了メール」が届きます。これでもう一度ウエブサイトに入り、指定したメルアドとパスワードを使って予約ができるようになったということです。

ログインしてみました

トップページからログインすると、この画面になります。項目は3つ。「新規ご予約」をタップしてみると、

当日購入ができるようです。路線は4月2日以降に増える予定。

一通りできることを確認したので、今日はここまで。

P1040695

次回帰国する時はチケットレスになるのでしょう。実際に使うのが楽しみです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください