コンテンツへ移動
広告

【最新情報追記あり】モントリオール地下鉄 STM 乗車チケットの買い方・使い方ご紹介

モントリオールの個人旅行で重要な移動手段となる地下鉄・バスの公共交通機関、 STM(Société de transport de Montréal / http://stm.info/en)。今回はこの乗車チケットの買い方と使い方の基本をご紹介します。

この記事の目次

地下鉄路線おさらい

スクリーンショット 2018-04-18 17.01.53.png

モントリオールのダウンタウンには、No.1(緑)・No.2(オレンジ)・No.4(黄色)・No.5(青)の順番に1966年より開業した4路線(No.3は建設中止)が営業中です。これを乗りこなすと、主要なアトラクションや観光的な場所に簡単にアクセスができます。
(路線図はこちら)

乗車チケットの買い方の基本〜地下鉄駅のブース

72_R9259574.jpg

乗車チケット及びスマートカードを買う方法の基本は地下鉄駅のチケットブースになります。かつては現金のみでしたが、現在(2018年8月)はカード可となりました。

乗車チケットの買い方の基本〜自動券売機

IMG_2995

チケット(OPUSカードも)はこの自動券売機で買います。写真はモントリオール中央駅。VIA鉄道からの場合は、コンコースのスタバ側にあります。

IMG_2933

この写真は、モントリオール国際空港。国際線の出口そばにあります。

IMG_2935

端末は、左側にディスプレイ、その左下にお札($5/$10/$20)、右上にはデビッド/クレジットカードの挿入口と、その下に暗証番号用のキーパッドがあります。OPUSのチャージをする場合は、ディスプレイとキーパッドの間にあるスロットにカードを入れます。

IMG_2936.jpg

これがディスプレイ近影。

IMG_2937.jpg

まずは英語にします(フランス語がわかる場合はそのまま)。

IMG_2938.jpg

OPUSカードのリロードは、カードを置くと始まります。右側のメニューには、

・Reloadable OPUS Card(OPUSカードを新規に購入する)
・Non-reloadable card(通常の乗車券を買う)

この2つが出ていますので、今回は乗車券を購入。なお、この写真では画面をタッチしていますが、タッチパネルではありませんので念のため(間違っちゃいました)。

IMG_2939.jpg

写真は空港の端末のため、3日券($19)、週末券($13.75)、1日券($10)の3つが出ています。

IMG_2988.jpg

地下鉄駅の場合は全ての種類が表示されるため、数が多いのでページを送って探します。今回は1日券を買います。なぜ1日券を買っているかの理由は、下記ブログをご覧ください。
・【モントリオール】空港からダウンタウンへ格安アクセスができるSTM 747バス

IMG_2942

お会計画面でカードを選択しましたので、この画面になります。キャッシュの場合はお札を左下から入れます。

IMG_2943

最初に上のスロットにカードを入れ、下のピンパッドの画面を見ながら指示に従います。

IMG_2946.jpg

念のために領収書のボタンを押しておきます。

IMG_2948.jpg

右下の口にチケット領収書が出て来ます。

IMG_2950.jpg

終了です。

乗車チケット〜基本の1回乗車券

72_R9259766.jpg

料金(2018年4月現在)は、基本料金(1 trip)が $3.25 と、トロントと同様初乗り料金のみです。使い方は、紙の磁気カードを改札のオレンジの差込口から入れる形で入場します。

72_R9259745.jpg

改札口の入場側の見た目。カードを機械に入れ、バーを押して入場します。

72_R9259767.jpg

出てきた磁気カードの裏面には、乗車時間が印字されます。これは 1 trip 券だけの仕様。これが乗車したことを証明するレシート(proof of payment)で、駅員さんから提示を求められることがありますので大切に取っておきましょう。

72_R9259731.jpg

出口の見た目です。バーを押して外に出ます。

乗車チケット〜お得なタッチ式のパス

72_R9259576.jpg

この磁気カードにはもう一種類、基本の 1 trip に加えて下記の料金をカバーする Occasional Card があります。

このカードはスマートカードのようにチップが埋め込まれているので、タッチ式。

72_R9259580.jpg

買う時には、下記の種類を選ぶ形になります。

2 trips($6.00)/10 trips($27.00)
1-day pass(最初の改札通過時より24時間 / $10.00)
3-day pass(最初の改札通過時より72時間 / $19.00)
Weekly pass($25.75)
Unlimited Evening pass($5.00/6pm-5am)
Unlimited Weekend pass(金曜午後4時〜月曜午前5時 / $13.75)

最新の料金は公式ウエブサイトを参照してください。

乗車チケット〜スマートカードの「OPUS」

72_R9259689.jpg

これとは別に、OPUS というスマートカード($6/払い戻しなし)も普及しています。これは日本の SUICA と同様チャージ式プリペイドカードです(購入してから4年間有効)。

72_R9259735.jpg

駅構内にはクレジットカードを使ってチャージする専用端末があります。

スクリーンショット 2018-04-19 8.40.37.png

4年間の有効期限がある OPUS カードがいつまで使うことができるのかを調べるのは、公式ウエブサイトにアクセスし、「Greater Montreal Area」の「Check the expiry date of OPUS card」をクリック。

スクリーンショット 2018-04-19 8.39.52.png

カード裏面に印字されている 02-XXXXXXXXXX 12桁の番号を入れると、

opus

買ったのは2016年でしたので、カードの有効期限は2020年と表示されています。

72_R9259688.jpg

カードを買う時に路線図が印刷されたハンディなパンフレットも貰っておきましょう。旅行中は Google Map が便利ですが、いざという時にすぐに全体が見渡せる地図は大変便利です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。