トロント国際空港でエアカナダチェックインまとめ

海外の空港での出国は、言葉がわからなかったりして事前にわかっていれば安心できますよね。今回のブログは、トロント国際空港から日本へ出国する場合についてまとめてみました。

この記事の目次

空港までのアクセス方法

ダウンタウンから空港までのアクセスは3通り。お金がかからない順に書きます。

1)TTC(地下鉄+バス乗り継ぎ)

地下鉄でキップリング駅まで行き、そこから空港行きのバスに乗り換えます。

バスには簡単な荷物置き場はありますがノンステップバスではなく、スーツケースを持っての移動には向いていません。

運賃は3ドル25セント(キャッシュ払い)。出発点にもよりますが、全行程は1時間ほどかかります。

2)UP Express(ユニオン駅で乗り換え)

TTCでユニオン駅まで行き、そこから空港快速 UP Express 駅まで徒歩5分、空港へは25分で到着します。

地下鉄ユニオン駅のエレベーターはホームの中央、改札を抜けたら VIA 鉄道へ向かえば、スロープを経て階段を上らずに UP Express 駅改札へ抜けることができます。

車内はこんな感じで、スーツケース置き場(手前)もあります。

座席手前にはテーブル、下にはコンセントがあります。

運賃はTTC代+UP Express の運賃12ドル35セント(キャッシュ払い)です。PRESTO を使うと、9ドル25セントです。

3)タクシー(あるいはリムジン)

ダウンタウンからハイウエイを使うので最短で20分ほどですが、ほぼ渋滞につかまりますので45分〜最悪1時間は見ておいたほうがいいでしょう。

運賃は、タクシーがメーター制、リムジンは定額(ダウンタウン中心部からは約50ドル)。これに15%〜20%のチップが乗ります。スムーズに行くとタクシーとリムジンより安く上がることもありますが、渋滞にハマるとタクシーは部が悪いですね。事故以外の渋滞(ラッシュアワー)は、午前8時〜10時、午後3時〜7時です。

チェックイン・カウンターまで

国際線出発は第1ターミナル、エアカナダは向かって右側の5番(エコノミー)と1番(ビジネス&プレミアム・エコノミー)。

TTC は G階に到着(写真)。ここからターミナルビル内に入り最上階へ。カウンターを正面に見て右側方向に歩きます。

UP Express の場合は、下車してエレベーターで降り駐車場横を通り抜けてターミナルビルに入り、正面のエレベーターで上がり右手方向。

タクシー(リムジン)は乗車時に「ターミナル1、エアカナダ」と告げれば連れて行ってくれますが、高速からターミナルビルが見えてきたら一番手前です。

24時間前にウエブあるいはモバイルチェックインを済ませておきましょう。こうすることで、チェックインの時間を劇的に減らすことができます。そうしないと、同じ時間帯に出発するアジア向けの便の大行列に並ぶことになります。

カウンターに着いたらまずキオスク(自動チェックイン機械)で荷物のタグを印刷し、スーツケースにつけます。

その後は列には並ばず、「Bag Drop(荷物預け)」に向かいます。ゲートの前にはロープが張り巡らされていて入り口には係員が立っていますので、スーツケースに先ほどのタグをつけた部分を見せれば入れます。

バッグドロップは、搭乗券とパスポートを見せ、自分でコンベヤーにのせます。なんで自分でやらないといけないのかとも思いますが、とにかく早く抜けるためにはこうするしかありません。もし手荷物のみでウエブチェックインを済ませているのであれば、そのままセキュリティーゲートに向かって構いません。

セキュリティー&出国

ゲート手前でもう一度チケットをスキャンし、列に並びます。

アメリカ行きと違い、アジア向けのゲートは大行列になることはありません。

ゲートでの注意点としては、ラップトップ類とジェル・化粧品類、ベルトは別トレイに。空のボトルや水筒などある場合は、出しておいたほうがいいでしょう。荷造りの時に、すぐ取り出せるよう手荷物は整理しておいたほうが良いと思います。

出国審査はありません。

出発ロビーで

セキュリティーを抜けたら、搭乗口までは長いエスカレーターで移動します。

搭乗口階はさらにエスカレーターで降りますが、その手前がメープルリーフ・ビジネスラウンジになります。

ロビーは左右に広がっています。免税店(Duty Free)は中央。バッグ、ウイスキーなど高級品が並びますが、クッキー程度であればコンビニでも手に入ります。飲食店はスタバ、バーガー、テイクアウト寿司、チャイニーズ、ワインバーなど一般的な国際空港にあるものとさほど変わりません。

特にカナダらしいというわけではないのは残念ですが、充電用のコンセントが沢山あるのは大変便利です。一見してレストラン専用に思われがちですが、誰でも利用できます。

全体的に高いので、安く済ませるのであれば一番奥のティム・ホートンズへ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.