コンテンツへ移動
広告

【イベントまとめ】トロントの夏(7月~8月)を遊ぶ2018

カナダデー(カナダ建国記念日)が終わると、トロントは本格的な夏。今回は7月~8月末に行われる主なイベントをまとめてみます。

■Toronto Beaches Jazz Festival(無料)
http://beachesjazz.com
日程:2018年7月6日~29日
場所:ビーチ地区

■YDS – INDIE FRIDAYS(無料)
https://www.ydsquare.ca
日程:2018年7月6日(毎週金曜日午後8時~11時)
場所:ヤング・ダンダススクエア

■Toronto Outdoor Art Fair(無料)
https://torontooutdoor.art
日程:2018年7月6日~8日
場所:トロント市庁舎前広場

■Evergreen Brickworks Saturday Farmers Market(無料)
https://www.evergreen.ca/
日程:2018年7月7日(毎週土曜日午前8時~)
場所:エバーグリーン・ブリックワークス

■Distillery District Sunday Market(無料)
http://www.thedistillerydistrict.com/events.html
日程:2018年7月8日(毎週日曜日正午~)
場所:ディスティラリー地区

カナダデー明けの最初の週末に行われるのは、以上の4つ。この時期お天気が良くなり気温が上がってきますから、ファーマーズ・マーケットが市内各所で盛んに行われます。週末のセントローレンスマーケットが有名ですが、変わったところでブリックワークスとディスティラリー地区に足を伸ばせば、ローカル感がたっぷりと味わうことができるでしょう。

この2つのマーケットにはそれぞれ雰囲気の良いカフェやレストランがあり、週末のブランチを兼ねて出かけるのがトロント流。

ローカル感と言えば、ビーチ・ジャズフェスティバル。こちらのブログにまとめを書きましたが(2018年ビーチジャズご紹介)、週末ごとにほぼ1カ月かけて行われる屋外コンサート・イベントは必見。

トロント市庁舎前広場で行われるアートフェスティバルでは、ひと味違ったローカルアーティストの作品を眺めることができます。この広場は地下鉄駅からも近くほぼダウンタウンのど真ん中。ショッピングや観光の途中にふらりと寄ることができるアクセスの良さも人気の秘密です。

■トロント・カリビアンカーニバル(無料&有料)
https://torontocarnival.ca
日程:7月10日~8月4日
場所:トロント市内各所

■Honda Indy Toronto(無料&有料)
http://hondaindy.com
日程:2018年7月13日~15日
場所:ダイレクト・エネルギーセンター

■Pedestrian Sundays(無料)
http://www.kensingtonmarketbia.com/
日程:2018年7月29日、8月26日(毎月最終日曜日)
場所:ケンジントンマーケット

2週目は夏のトロント・メジャーなイベントが2つ。どちらも有料と無料入場ができるイベントです。

カリビアンカーニバルはほぼ1カ月間行われていて、関連イベントが多岐に渡っています。

特に注目は最終日のパレードと、その週末に行われるイベントのキング&クイーン・ショー。結構な大音響の音楽と露出度が高い派手めのコスチュームが人気で、毎年観客よりも出演者の方が多いのではないかと思わせるほどですが、やはりカリビアンな雰囲気にどっぷり浸かることができるのが人気です。

モータースポーツではF1が有名で、ホンダがF1にカムバックしたこともあり大きく注目されています。トロントで行われるのは、その北米版とも言われるインディー・カーレース。こちらもホンダカナダがメインスポンサーで、佐藤琢磨選手が毎年やってくることでも有名です。毎年初日の金曜日は無料開放(ドネーション)されるので、まだ見たことがないという方はぜひ金曜日に。

7月の〆はケンジントン・マーケットの歩行者天国。こちらはローカルなネイバーフッドで行われるぐっとノンビリしたイベントですが、トロントの中でも異彩を放つエリアならではの雰囲気を味わいたい向きにはピッタリです。

■Rogers Cup(無料&有料)
http://www.rogerscup.com
日程:2018年8月4日~15日
場所:アヴィヴァ・センター

■Taste of the Danforth(無料)
http://tasteofthedanforth.com
日程:2018年8月10日~12日
場所:ギリシャ街

8月に入り、第1週はテニス・トーナメントのロジャース・カップ、第2週の週末には、ギリシャ街で行われるフェスティバルが行われます。

ロジャース・カップは毎年トロントとモントリオールで男女が交互に開催されるという変則的な形式ですが、2018年はトロントが男子。トーナメントのスケジュールはグランドスラムのNYに向けて直近で行われるATP1000ですから、例年トップ選手がずらりと顔を揃えます。グッドニュースはTTC地下鉄が延伸となり、地下鉄で行けるようになったこと。アクセスが抜群に良くなりました。

ギリシャ街で年一度行われるテイスト・オブ・ザ・ダンフォースは、北米で最も人が集まるギリシャ系のイベント。ストリートを閉鎖して歩行者天国にし、沿道にはたくさんの屋台が出ます。特設ステージではコンサートが行われるので、屋台で買った食べ物を持ちながらブラブラ歩くのも楽しいでしょう。時間帯によってはレストランに入る方が良かったりしますので、混雑具合を見ながらの判断になります。

Messini、Mezez、Astoria など人気レストランは入るのに時間はかかりますが、おいしいと評判ですからトライしてみてもいいかもしれません。

■CNE(有料)
https://theex.com
日程:8月17日~9月3日
場所:ダイレクト・エネルギーセンター

■Festival of South Asia(無料)
http://www.gerrardindiabazaar.com
日程:2018年8月18日~19日
場所:ジェラード・インディアバザー

■Busker Fest(無料&ドネーション)
http://torontobuskerfest.com
日程:8月31日~9月3日
場所:ウッドバイン公園

■トロント航空ショー(無料&有料)
https://theex.com/main/entertainment/canadian-international-air-show/air-show
日程:9月1日~3日
場所:レイクショア地区

8月の〆は、トロント夏の伝統的イベントのCNE。ひとこと言うと、屋外に設営される移動式遊園地で、入場料を払って入った後はアトラクション・チケットを買うスタイルです。オススメは夜。日没後に暗くなる10時頃に、遊園地の遊具のイルミネーションがきれいで、それを撮るためにカメラを持ってやってくるほどの人気です。

最終日の航空ショーは必見。

この他個性的なイベントとして、大道芸人フェスティバルと南アジアフェスティバルが行われます。入場無料の大道芸人フェスティバルは、パフォーマンスを楽しんだらチップを渡すユニークなシステム。夜には炎を使った規模の大きなパフォーマンスも行われます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。