【検証】iPad Pro にワイヤレス・ストレージの gnarbox に GOPRO などを組み合わせて使ってみてわかったこと

iPad Pro を使っていて一番不便なカメラやストレージとの接続問題を解決できるかもしれないと gnarbox を購入。しばらく使ってみましたので、使用感をまとめてみたいと思います。

この記事の目次
iPad の問題点

普段から iPhone X、GOPRO と SONY A7 を使い、写真はカメラの専用アプリを使いワイヤレスで iPad にファイルを転送。現像は Lighroom モバイルで済ませるので一々ケーブルの抜き差しをせず大変便利です。

これが動画ファイルとなると、事情が変わってきます。

複数のカメラであっても直接写真/動画すべてのファイルを集約させ編集ができるのが本来のあり方。ラップトップなら普通にできていることが、独特なファイルシステムを採用している iPad(外付けハードディスク使用不可、ドングルを使って DCIM フォルダに入った画像のみにしかアクセスできない)になると、制限がありとても使いずらいのです。

特に動画ファイルを iPadに転送する方法が問題です。

編集は Luma Touch という有料アプリを使い iPhone で撮った動画は iPhone 上でちょこっとだけ編集しツイッターにアップ。iPad はいくつものファイルを入れての編集を練習中で、必要な動画ファイルを気軽に取り込みたいと考えています。

この使い方を実現するためには、Google Drive や Dropbox などオンラインストレージの力を借りる必要です。問題になるのは、パソコンを介してデータを送らないとならない点。 iPad Pro だけで完結できないかと試行錯誤をしているうちに、gnarbox に行き着いたというわけです。

gnarbox を使ってみてわかったこと

基本的に gnarbox の管理は iPhone アプリから行います。この管理は iPad でもできないことはないのですが専用アプリではないため、ちょっと使いにくい(ヨコイチに対応していない)。

動画ファイルはSDカードをカメラから取り出した後スロットに差し込み、アプリから取り込みたいファイルを選んでコピーする、という手順。gnarbox には、日付順に並べ替えて保存されて行きます。

付属のカードスロット(左)とUSBポート(右)にメディア(SDカードやUSBドライブなど)をつなぐと、アプリから直接データにアクセスできます。

iPad ベースで gnarbox を積極的に使いたいと思わせるのは、動画編集アプリとの連携機能。Luma Touch は gnarbox を直接呼び出してファイルを読み込むので、iPad のファイルシステムに戻ることなく作業を続けられて大変便利。使い勝手の良さを実感します。

これは、SD カードスロットに GOPRO から取り出したカードを挿し Luma Touch から直接動画ファイルにアクセスしているところ。ロゴの隣に本体バッテリー容量、フォルダの位置が表示されていて、タップすると行き来ができるようになっているのは直感的で iPad らしいと感じました。

過去の動画ファイルをフォルダ分けして保存しておいた SD カードを開いたところ。iPad のファイルシステムはこれをサポートしていないので、この SD カードをドングルで開くと「ファイルがありません」となります。

フォルダをタップするとサムネール表示に変わるので、目的のファイルが探しやすい。

Luma Touch は公式には AVI をサポートしていないのでプレビューを見ることができないのですが、短いものであればそのまま読み込んで書き出すことは可能です。が、エラーで止まることも多く実用的ではありません。

専用アプリの問題点

これら基本的な機能には満足ですが、アプリのアップデートが追いついていないため、いくつか細かな問題点があります(2018年7月現在)。

1)iPhone 内のデータを gnarbox に転送することができない
2)SD カードの名前が「NO NAME」と表示されてしまう
3)ファイルの読み込みに、それなりの時間がかかる

本体スロットを利用して余っている SD カードをストレージがわりにすることで安価に本体容量を増やしてみました。

カードには英文字で「MOVIE DATA」という名前をつけていますが、NO NAMEになっています。右上に「List」「Thumbnails」を選べるようになっていて、この先のファイル表示方法を指定することができます。

サムネールで表示させると、ファイルに記録されている日付順の表示となります。

しばらく待っても、サムネールは正しく表示されません。この辺のスピードが上がると、使いやすくなると思います。

リスト表示に変えてみます。これがあらかじめ作ったフォルダの分類です。画面右上の表示オプションが消えていますが、これが自由に切り替えられるようになるとより良いと思います。

これらは今年(2018年)後半に予定されている2.0の発売に合わせてアップデートが行われるでしょう。公式サイトでは、より早く高機能なバージョン2.0の予約が始まっています。サイズはすこしだけ細身な横長になり、小さなディスプレイとボタンにより操作性が一段と上がることが期待されます。

結論

iPad のみで動画編集を完結させるツールとして、gnarbox は良く機能していると感じます。制限されている「ケーブルでつなぐ」拡張性がアプリとのセットで改善されたところが、利用価値のあるところでしょう。Luma Touch からワイヤレスで直接 gnarbox 上のデータにアクセスするという体験は、「発想の転換」という意味で大きいと思います。

写真現像アプリのアドビの Lightroom モバイル はオンラインストレージがセットで、2TB まで対応しています。高価な利用料金が徐々に下がれば、大容量な外付け HD に頼らないワークフローが実用的になる日も近いでしょう。今は無料で使っている(15GB)Google Drive の料金を、参考までに調べてみます。

128GB の gnarbox が $399.99。100GBの Google Drive が月 $2.79(年間 $33.48)ですから、単純に料金だけを比較すると gnarbox 代で10年分を支払うことができることになります。1TBまで容量を上げると、月 $13.99(年間 $167.88)になり、これは2TBの従来型のハードディスク1台分の料金になります。

10年ならまだしも、1年で1台分を消費する値段設定はちょっと高い。

Wifiなしでも充電さえされていればどこにいてもファイルにアクセスできる gnarbox の需要はこれからも存在するでしょう。ワークフローとしては Google Drive のようなオンラインストレージの無料部分で組み合わせるのが賢い方法かもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください