【まとめ】トロント PRESTO(プレスト・カード)の使い方・乗り方

トロントの中心部ダウンタウンは、主要な場所には徒歩で行けてしまうほどコンパクトな作りになっています。この街の移動をさらに便利にするのが、地下鉄・バス・ストリートカーの3つがネットワークのように繋がり市内全域を網羅する公共交通機関(トロントTTC)の「ちょい乗り」。

トロントTTC乗車時に使う長年に渡って行われてきたプレスト・カード導入が、今年に入って、が完了しました。今後はプレストが中心になってので、について、まとめてみました。

この記事の目次

プレスト(PRESTO)カードを使ったTTCの乗り方

2018年8月現在、TTC全域でプレスト・システムの工事もほぼ完了し、運用されています。具体的には、

・地下鉄駅改札
・バス乗車口(前後)
・ストリートカー乗車口(前後)

これらすべてにカードリーダーが設置され、地下鉄駅には自動カード販売機・チャージ機の設置が終了しています。

img_0838

これで、プレストがこれまでのレガシー乗車券の大部分をカバーしました。

・通常乗車
・トランスファー(地下鉄・バス・ストリートカー乗り継ぎ)
・メトロパス(月払い)

乗り方は、このカードリーダーをタッチするだけ。

46E76C78-5783-4AE4-A9DA-4DA841AD69B3

TTCは一律料金のため、タッチは乗車時のみ。乗り継ぎの場合は乗車時に次々とタッチすることでシステム側が判断しますから、トランスファーチケットも必要ありません。

プレストの今後

カードにはこれまで3種類のパターンがありましたが、現在発行中のグリーン・カードは徐々にブラック・カード(ショッパーズ・ドラッグの限定店舗で販売中)に統一されて行くようです。機能的には変わりません。

トロントTTC のレガシー乗車券のうちメトロパスカードは2018年末、トークン/チケットは来年末(2019年)までに廃止となります。

システム運営会社によると、今後はクレジットカード&銀行デビッドカードをプレストと併用するシステムを導入するとのこと。これはすでにバンクーバーやロンドン(イギリス)で運用されているスタイルですね。

今後短期滞在/旅行などでトロントに滞在する場合、ピアソン国際空港のダウンタウン行き鉄道(UP Express)でプレスト・カード($6)を買い、必要な分をチャージするというスタイルが定番となる日も近付いてきました。

ブログまとめ

以下、これまでプレストについて買いたものをまとめておきます。随時アップデートして行きますが、ご参考までに表にまとめましたので、どうぞご覧ください。

種類 内容
1) トロントの交通系スマートカード事情
2) 【検証】トロント TTC 〜 UP Express 乗り継ぎでディスカウント料金にする方法
3) トロント PRESTO カード購入とチャージ法 2018
4) トロント TTC の自動販売機で PRESTO カード購入
5) スペシャルデザインの PRESTO は完売
6) トロント PRESTO カード残高表示アプリ4種類比較
7) 2019年よりトロント TTC メトロパスは廃止になり PRESTO に合流します(購入実例あり)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください