【搭乗記】ローカル御用達トロント・シティ空港からエアカナダ7958便でモントリオールへ

夏の観光シーズンにトロントから気軽に行けるモントリオール。今回は、ローカル御用達のトロント・アイランド島にあるシティ空港発エアカナダ7958便を使って行ってきましたので、その時の様子についてまとめてみたいと思います。

この記事の目次

シャトルバス乗り場について

ダウンタウンからシティ空港へのアクセスは、ユニオン駅を下車し正面のロイヤルヨーク・ホテル左奥入り口正面の乗り場からシャトルバスに乗ります。

乗車は無料。シティ空港はエアカナダとポーターが東部カナダ/アメリカ便を飛ばしていますが、この両者とも利用することができます。乗るためにチケットを見せる必要はないので、例えばお迎えの時なども使って問題ないでしょう。所要時間は渋滞がない場合で約15分です。

始発(York) 午前5:00(月〜土)/午前5:30(日)
終発(空港) 深夜12:07(月〜金・日)/午後8:45(土)

おおよその出発スケジュールは上記の通りで、約15分間隔のようです。詳細は公式サイトへ。

空港ターミナルへはフェリーか地下道を徒歩でアクセス

ターミナルは、湖の水道を隔てたアイランド側のため、昔からフェリーでアクセスしていましたが、2015年に地下道が完成したことから2種類の方法でターミナルへ向かうことができるようになりました。

シャトルバスを降り後ろの方向に歩くと、最初が「Tunnel to Airport(地下道)」で奥に「Ferry to Airport(フェリー乗り場)」があります。

所要時間は2分で、出発したらすぐ着くという世界でも珍しい船旅を楽しむのであれば、ぜひフェリーをお試しください。

ダウンタウン側 空港側
始発 午前5:15 午前5:22
終発 午前12時 午前12時7分

スケジュールは各15分おきの出発です。

一方地下道は、エレベーター+徒歩+動く歩道+エレベーター(あるいはエスカレーター+エスカレーター)と乗り継ぎ、10分弱かかります。

エスカレーターを上がった所にはちょっとしたディスプレイがあり、空港の歴史がわかるようになっています。

チェックインと保安検査場

チェックインカウンターは、最後のエスカレーター(エレベーター)を上がった正面です。

出発24時間前に、必ずオンラインでWEBチェックインを済ませておくことをオススメします。これをやっておくと、空港での待ち時間がかなり少なくなります。預け入れ荷物がある場合はカウンターに、手荷物だけの場合はそのまま右手奥の保安検査場に向かってください。

シティ空港発着の飛行機はプロペラ機のみのため、機内に持ち込めるバッグにサイズ制限があります。日本のLCCのような係員による厳密な大きさ/重さのチェックはありませんが、大きめのキャリーケースを持って入ろうとすると機内に収まらないので、気をつけてください。なお多少大きいものは飛行機に乗り込む直前に専用カートがあるので、そこに載せるように言われます。

待合室ロビーと搭乗ゲート

シティ空港の待合室は一つだけ。エスカレーターを降りると大きなラウンジがあり、大きなガラス窓とドアに隔てられた向こう側に搭乗ゲートが並んでいます。

IMG_2881.jpg

時間になると搭乗ゲートのアナウンスがあり、ぞろぞろと出て行くという仕組みです。自由に出入りはできませんので、搭乗アナウンスがあるまで待ちます。

搭乗と機内の様子

搭乗口ではチケット(モバイルも可)と政府発行写真付きID(パスポートあるいはカナダ各州発行の運転免許証)の提示が求められます。

搭乗はゾーン制でアナウンスがあるまではこの廊下で待っているのですが、飛行機が小さいのですぐ順番が回ってきます。

機体はボンバルディエ社製Q400。プロペラ機ですが、機内はそれほど狭くなく特別窮屈という感じではありません。

スクリーンショット 2018-08-18 8.54.17.png

フライトアウェアでルートをチェックしてみると、こんな感じになっています。

スクリーンショット 2018-08-18 10.14.02

実は昔、モントリオールやケベックシティ行きは、ダウンタウンを左側にしてまっすぐ離陸をしたのですが、現在は一旦西側のオンタリオ湖に出て、そこからぐるりとUターンする形でモントリオールへ向かうルートに変更されたようです。飛行場の騒音低減のための措置なのでしょうね。

離陸してしばらくすると、ソフトドリンクのサービス(無料)があります。

スクリーンショット 2018-08-18 10.23.02

離陸後、トロントアイランド島越しに美しいダウンタウン風景を見るためには、機体の左側の席に座っておく必要があります。座席パターンで言うと、4〜10までのA席かC席です。

IMG_2915.jpg

到着まで約1時間。モントリオールまではあっという間です。

モントリオール国際空港に到着してからのこと/span>

国内線のため、ゲートを出てまっすぐ歩くと荷物の引き取りカウンターになり、そのまま歩いて行くと特に扉もなくタクシー/バス乗り場ロビーに出ます。

IMG_2969

空港からダウンタウンへのアクセスについては、下記のブログもご参照ください。

【モントリオール】空港からダウンタウンへ格安アクセスができるSTM 747バス

結論/span>

トロントシティ空港を使ってモントリオールへ向かう利点は以下の3点

・空港へのアクセスが良く、安くて近い
・保安検査場がそれほど混んでいない
・搭乗口が近い

国際空港と違って規模が小さいので、いろいろサクサクと進む点は便利だと思います。特にピアソンに向かう場合 UP Express の運賃と時間がかかるぶん、シティ空港は無料シャトルを使うとコスト的にもアドバンテージが高いと思います。

国際線乗り継ぎではなく、東部カナダへ飛行機で移動する場合、ダウンタウンのほぼど真ん中にあるシティ空港を使う理由は大いにあると考えます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください