TTC はこの4月から運賃値上げを行います。前回の値上げは2016年。3年ぶりの値上げで一体何が変わるのか、今回はそのポイントをまとめてみたいと思います。

  1. 今回はプレスト料金の改定
  2. 大人料金の値上げ状況
  3. 定期券と1日パスも値上げ

今回はプレスト料金の改定

前回は現金乗車の運賃を$3から$3.25に値上げするというのが目玉でした。

あれから3年たち、TTC は急速にキャッシュレス化を推進。昨年来 PRESTO システム(改札と自動販売・チャージ機)の全駅導入という大規模な改札工事を行い、タッチ式のスマートカードを導入する一方でレガシーと呼ばれるチケット類を順次販売終了してきました。

今回の料金改定はこうしたキャッシュレス化の流れを受け、PRESTOカードに関わる運賃に手が入っています。

大人料金の値上げ状況(赤字)

E-Purse と表記されている部分が PRESTO 料金で、今回10セントの値上げが行われました。PRESTO 導入時には現金に比べると25セントもディスカウントだというのがウリでしたが、今回の値上げでその差は半分弱に減ったことになります。

Description現在の運賃4月1日より変更値上げ分の差額
Cash(現金)

$3.25

$3.25

$0.00

Token(トークン)

$3.00

$3.10

$0.10

E-Purse(プレスト)

$3.00

$3.10

$0.10

Fair Pass – Single fare

$2.00

$2.05

$0.05

Fair Pass – Monthly Pass

$115.50

$119.40

$3.90

Monthly Pass(定期)

$146.25

$151.15

$4.90

12 Month Pass (price per month)

$134.00

$138.55

$4.55

Post-Secondary Monthly Pass(学生)

$116.75

$122.45

$5.70

トークンと呼ばれるレトロな乗車コインも値上げ対象。左のアルミ製トークンは1975年以来製造されてきましたが偽造が問題となり、1975年には右側の2色トークンの製造が始まりました。残念ながら2019年中に段階的廃止が決定したものの、新たに買う場合、値上がり料金が適用されます。

定期券と1日パスも値上げ

毎月の乗車回数が49回以上の場合に割安になる定期券(メトロパス)も現行の$146.25から$151.15へ、$4.90の値上げ(学生用定期は、通っている学校に問い合わせて必要書類を入手してください)。

こんな素敵なデザインのプラスチック製カードが毎月発売されていたのは今は昔のこと。定期券そのものが PRESTO に合流したので、にどとてにできなくなったのは残念です。

紙のチケットのままの1日パス(Day Pass)も、現行$12.50から$13へ50セントの値上げ。これは一般にはあまり大きなインパクトはありませんが、ファミリー/旅行者向けに人気の乗車券のため、これらの人々には大きな値上げ幅となりました。

詳細は、公式サイトも参照してください。

広告