コンテンツへスキップ
広告

【体験的考察】海外通販の配達業者を比較してわかったこと

在庫が分からない上に混雑する店舗にわざわざ行くより、欲しい品物に効率良くたどり着けるオンラインショッピングを優先する日々。欲しいものの多くは海外のオンラインサイトにあるのですが、今回は毎回のように気をもむ配達業者について書いてみたいと思います。

業者の種類

これまで配達を受けたのは、DHL/Fedex/US Post/Sf−Expressの4種類。それぞれの拠点は、DHLはドイツ、Fedex/US Postはアメリカ、Sf−Expressは香港。

物品を注文した場所にもよりますが、北米からの荷物はDHL/Fedex/US Postの3種類。それぞれ販売業者が契約しているので、チェックアウト時に選択画面に出てくる業者を選ぶという形になります。

配達スピード〜DHL の場合

海外からの取り寄せの場合、気になるのは届くスピードですよね。もちろん差が出るのは、ショッピングカートの最後で住所を入れた後に出てくる配達オプション。当然金額の高低で、スピードが変わります

配達コストを出来るだけ下げるべく一番安いオプションを選んだ場合、日本への到着は良くて10日弱、最悪1カ月ということも。出発国の郵便事情にもよりますが、最低限のトラッキング(荷物の追跡)ができるオプションは選んだ方が良いと思います。

例えばベトナムのホーチミン市から発送の場合、送料オプションは郵便局(9ドル)とDHLエクスプレス(23ドル)の二択。料金比較は2倍以上で、どちらにするかためらうところですよね。安い郵便局の部分をよく読むと、

2-3 weeks depends on location. US & Canada 1-2 months. couldn’t be tracked.(場所により到着まで2〜3週間。アメリカおよびカナダの場合1〜2ヶ月。追跡不可)

こんな風に小さな字で書いてあり、郵便事情が悪いことが見て取れます。送るモノにもよりますが、高くても DHL Express を選ぶのが無難。

これは DHL の追跡画面。エクスプレスとありますが、実際は DHL オンデマンドと呼ばれる配達サービスで、今回のような海外通販に特化したサービスのようです。荷物は金曜日にベトナムで集荷され、香港経由で成田で通関を終えサービスセンターに到着したのが翌日土曜日。これまで DHL は FeDex と比較して遅いと思っていましたが、これは早いですね。

ベトナムということで同じアジア圏であることを差し引いても、ゴールデンウィーク最終日の月曜日夜到着は優秀。リアルタイムで荷物の場所がわかるのも、安心です。

ただし同じ DHL でも料金が安い GM (グローバルメール)になると、事情は変わります。上記の画面は Drop (最近名前が変わったかつての Massdrop)から送られてきたキースイッチの追跡画面。NJ(ニュージャージー)を4月24日に出て、到着は5月2日。アメリカ東海岸発でドイツの集荷センターを経由するのは大回りな気がしますが、ドイツに本部がある DHL ですから販売業者は安いパッケージで送ってきたのでしょう。

日本国内は日本郵便が担当。追跡はDHL でしかできず、データはリアルタイムでは上がらないので、結果不在票がポストに。再配達をお願いします。

配達スピード〜US Post インターナショナルの場合

同じ北米でも US Post を使った場合は、4月15日に出荷予約が行われて到着したのが同23日。北米から8日間で日本へ到着というのは、平均的です。

郵便局使いとしては配達料は23ドルと高額。いずれにせよ北米からだと、これくらいの料金は仕方ないようです。

配達スピード〜SF-Express の場合

最後は、香港ベースの SF-Express。

上記の画面は、深センにある基板業者のチェックアウト画面。11ドルの基板制作料に対して、12ドルの送料がかけられています。最低料金の表示が sf-express で、これまで DHL は対して早くもなかった経験から、値段もさほど変わらないこっちを選択しました。

結果はどうだったかというと、荷物が出発したのが4月24日(深セン)で、香港を経由して成田には4月27日に到着。このまま順調にいけば1週間以内に到着でしたが運悪くゴールデンウィークに突入し、到着したのは連休明けの5月7日。それまでは荷物はピクリとも動きませんでした。

12ドルで1週間以内のスピード配達となれば大変魅力的な手段であると言えるのですが、タイミングが悪く残念です。DHL が似たような日程ですでに到着していることを考えると、sf-express を選ばなかった方が良かったのかもしれません。

カテゴリー

自作キーボード

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。