コンテンツへスキップ

【自作キーボード】iPad でホームボタンの代わりになるショートカットキーを割り当ててみた

自作キーボードを使っていて不便と感じるのが、ホームボタン。アプリを切り替える時にわざわざ画面に手を伸ばすのが煩わしい。そこでショートカットキーを割り当てられないかと探していると。簡単なコードで実現できそうだということがわかりました。

iPad では、コマンド+H キーでホーム画面へ移動/タブキーで開いているアプリとホームがキーを押すたびに代わるアクションになります。

define KC_GUI LGUI(KC_TAB)

まずは keymap.c の文頭の方で「KC_GUI」を「LGUI(KC_TAB)」と指定。LGUI はコマンドキー。qmkのベーシックキーコード一覧はこちら

気分で変えられるほどの数になってきた自作キーボード。ここの所のお気に入りは、最近作った薄型 minidox。

運指の関係でキーマップの基本部分はどれも同じにしてありますが、キーボードごとに多少工夫し、変えても使いやすいように改良を重ねています。

今回はその改良版として早速を「Lower」レベルに貼り付けてみます。

この設定だと、どのアプリが開いていても左手親指と人差し指の同時押し一発でホーム画面に戻ることができるようになり、キーボードから手を離す回数が少なくなって結構便利になり GOOD。

長押ししすると今開いているアプリ一覧が出てくるのですが、早すぎて選択しずらい・・・という難点があります。

さらに基板を改良中

minidox に装着しているのは、自作を始めた頃にトロント(カナダ)で買った Alps 系の Matias。シンプルなデザインのキーキャップはこの種類だけしか持っていません。そこで CherryMX を使えるように、基板データを改変。

実はオリジナル基板データは両キースイッチ対応版ですがソケット化はしていませんのでこの際、対応させてしまいましょう。

できあがりは1週間後。楽しみにして待つことにします。

カテゴリー

自作キーボード

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。