コンテンツへスキップ

【キャッシュレス財布】TROVE を選ぶ際に考えたこと

キャッシュレスとは言え、現金を全く持ち歩かないわけにはいかないので、私の財布選びは少額の現金とカード類を持ち運ぶことを前提にします。

トロント(カナダ)の場合だと、運転免許証・クレジットカード・交通系カードに銀行カード(デビッド)と20ドル紙幣を一枚。これに iPhone を持ちます。

  • レストランでの会計、普段の買い物は銀行カードで
  • コンビニやスーパーでは、少額(100ドル以内)の支払いに強い Apple Pay で
  • タクシーは UBER、公共交通機関は PRESTO カードを使い、それぞれアプリにクレジットカードを紐付けて、支払いとチャージ

最近日本ではキャッシュレスが話題にはなっていますが、現金は必須。1万円札を1〜2枚、5千円札を1枚、千円札を数枚持ち、プリペイドカードが若干増えます。

  • レストランでの会計、普段の買い物は現金かクレジットカードで
  • コンビニ(セブン)やスーパー(イオン系)は、行く所を決めた上で店のプリペイドカードを利用し、クレジットカードか現金でチャージ
  • JR や地下鉄、バスはすべて Suica をクレジットカードと紐付けした上で Apple Watch に入れて使用
  • タクシーはアプリ(Japan Taxi か sRide)にクレジットカードを紐付けし、それ以外は Suica で

財布は3種類試して、ようやく使いやすいと思えるものにたどり着きました。

4E759F3D-42A6-4AB3-94D9-BE9A62476836

イギリス製 Trove(トローブ)という、今どきのミニマムな財布で、カードサイズにすべてを収めてしまおう、というアイディアです。

2DCE15B6-8CBF-4002-9A44-02CE038C7805

素材は伸縮性のある布製。作りはシンプルで、構造的には間仕切りで3つに分かれており、クレジットカード/紙幣/プリペイドカードと使う頻度に合わせて仕分けができます。

0B6CC79C-754E-4CC5-8D6B-44D50A12C29E

カードサイズですから、当然コンパクト。

BE569AEF-0B00-4779-9C34-06DBA3F14E74

紙幣を入れる時には、3つ折りに畳めば数枚入ります。

CB21846A-0372-40A4-B4E5-CB2C62C53F96

最近、中のカードを取り出すためのベロが付いたスイフト(SWIFT)バージョン(左)を入手しました。カナダと日本でカードの中身は変わるので、2個持ちにして滞在場所別にしておきます。

7BDC1EF8-1EB3-41F2-9E9A-25D35BF9F7C7

完全キャッシュレスだと困る日本の場合、「硬貨を使いそうだな」と予測される日(現金商売のお店に行くとわかっている時)用に、Amazonで買った硬貨入れを持ちます。もっぱら飲食店でのお会計(酔っている)時、すぐに硬貨が取り出せる点で重宝しています(右)。左は sot で買った皮のコインケースで、ここに貯めておいた硬貨を移すという方法で整理しています。

カテゴリー

トロント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。