【トロントの携帯事情】Freedom mobile の解約方法と問題点の解決法

これまでトロントの携帯プランについて色々と書いてきましたが、今回は普段使いしている携帯を解約した時のことについてまとめておきたいと思います。 続きを読む

広告

【検証】トロントのコンビニでゲットできる、セブンの格安 SIM「SpeakOut」を使ってみてわかったこと

トロントで入手可能な格安 SIM を次々試して来ましたが、今回はセブン・イレブンで発売中の格安 SIM についてまとめてみます。

この記事の目次

格安と書きましたが、この手のモノは実際に使ってみないとわからない部分もあり、さらに使い方によっては課金がかかるわけですので、その辺も含めて検証したいと考えています。

全体的な特徴

SIM の「SpeakOut」という名前から想像できますが、通話中心で、データ通信には弱いサービス体系になっています。

基本は上記の通り。

・無料の留守電機能
・無料のID表示
・無料の通話保留機能
・テキストメッセージの受信は無料
・チャージの有効期間は356日(1年間)

通話料金の詳細は、

・カナダ全国は$0.30/分
・アメリカへの通話(長距離)は$0.45/分
・国外への通話はカスタマーケアに連絡
・411 は$3.50/通話
・911(救急車)は$1.25/通話

テキストメッセージの料金は、

・カナダ/アメリカでのテキストメッセージ送信は$0.15/送信
・国外へのテキストメッセージ送信は$0.35/送信
・テキストメッセージ受信は無料

$10払うと、アメリカ/カナダ国内でのテキストメッセージ送信は無制限となります。

データ通信のオプションは、アドオン(追加機能)として100MBごとに$10という設定になります。通話料金は有効期限が1年でしたが、データは1ヶ月(30日間)というしばりがありますので、使わなくても30日後には消滅します。

下の方に小さく書いてある但し書きは、

・$10は、最初にアクティベーションをした日付を基準に30日ごと、通話料金の残高から引き落とされます。100MBのデータ追加は、アクティベーション後30日を期間とします。データ残量についてはクレジットされず、翌月に持ち越しはできません。

・100MBのデータアドオンのためには、アカウントに$12以上の残額と30日以上の有効期限がなければなりません。30日間で100MB以上データを超過使用した場合は、1MBにつき$0.10 が自動的に加算されます。

・データ通信残量は、オンラインアカウントか電話機から*777*4#をダイアルして確認できます。キャンセルはオンラインアカウントかコールセンターで行います。

アクティベーションの仕方

必要なものは以下の通り。

・アンロック済みのスマホ(今回も iPhone 6)
・SIM カード(セブンのカウンターで SpeakOut シムを下さいというと、出してくれる)
・アクティベーション用のPINコードの書いてあるレシート

いろいろ買っちゃったので分かりずらくなっていますが、SIMカード代として$10に加えてトップアップが$25、それぞれタックスがついて(13%)総額$39.55になります。

買ってきたパッケージを開けると、中には説明書とSIM本体が入っています。アクティベーションの方法は以下の通り。

・www.speakout7eleven.ca にアクセスし、ACTIVATE PHONE/SIM を選択
・メニューからSIMカードを選択
・SIMカードに印刷されている9桁のアクティベーション・コードを入力
・スマホの15桁のIMEI番号(電話番号で、*#06#をタイプすると表示される)
・画面の指示に従い、4桁のPIN番号を設定
・Activate SIM Card をクリックすると新しい電話番号が表示されるので、書き留めておく

実際には、公式ウエブサイトにアクセスし、右側の人のアイコンをクリックするとプルダウンメニューが出てきますので、そこから指示通り Activate Phone/SIM をタップ。

すると、このようにアカウントにログインするよう促されますので、New to SpeakOut の REGISTER NOW をタップしてアカウントを作成します。

やり方は特別に難しいものではなく、名前とメルアドを入れるだけ。

作成すると、指定したメルアドに確認メールが来るので、指示通りにしてログインをします。

ここでこのような画面になるので、右側のオレンジの Quick Activate の Phone/SIM をタップ。これでようやく SIM のアクティベーションができるようになります。

これがアクティベーション画面。指示に従い SIM の裏に書いてあるコードを入れ、スマホの IMEI 番号を入力、PIN はカスタマーケアに電話するときの4桁の暗証番号ですので、自分で作って入れます。Province は滞在する州、City は街をプルダウンメニューから選びます。

ようやくこれで SIM のアクティベーションを終了し、この画面になります。表示の通り、アカウントにはお金が入っていませんので、チャージします。

チャージ方法

初回の場合、アクティベーションに加えてトップアップ(チャージ)の必要があります。SIMを買う時聞かれますので、とりあえず$25分のチャージを買っておきます。これを入れて始めて通話ができるという具合です。

これがそのレシート。PIN と書かれている場所に12桁のコードが印刷されています。

今度は、さきほどの SIM アクティベートのオレンジのメニューから VOUCHER(バウチャー)を選択すると、この画面になります。ここで、レシートに書いてある番号を入力。

入力が終わると、このように$25.00がチャージされた状態になります。これで1年間有効の通話クレジットが入りました。

電源を切った状態で SIM をスマホに入れ、電源を入れるとこのように自動的に SpeakOut が開通しました。

データ通信は料金プランに入れていませんので、この状態をキープする場合はデータ通信をオフにしておかないと自動的に通信されてしまうので必ずこの状態にしておきます。

結論

このアカウントにログインした状態にすると、いろいろとオプションを選ぶことができるようになります。

これがその画面ですが、見て行くとデータ通信を1GBの値段を見ると、最安で月$45と出てきます。これだと、chatr や Public Mobile とあまり変わらない料金になり、セブンのSIMを使う意味があまり見つからないですね。

もし「電話番号だけが欲しい」というような事情がある場合。例えば、家と外出中では何らかの形でWIFIを確保できる環境でこのSIMをいれておき、こちらから電話をかけなければ1年間番号をキープしておくことができる、それがセブンのSIMの使い方になるでしょう。

【これは便利】トロント国際空港で短期滞在用 SIM を買う方法

空港に到着してすぐ必要になるスマホのネット接続。今回ようやく chatr mobile を空港カウンターで契約してきましので、その時の経験をまとめておきます。

この記事の目次

前回 chatr を自力で開通させようとして失敗してしまいましたが、空港だとものすごく簡単にできてしまうのでおススメです。

空港カウンターの場所

羽田・成田からのエアカナダ直行便が到着する国際線第1ターミナル到着ロビー正面にあります。

荷物受け取りフロアから税関申告書を手渡す最後のチェックポイントを抜け、2枚の自動ドアを出るとちょうど正面の柱になります。実際にはそこから左右のスロープを降りて回る形になります。

紫のバナーの下がカウンターになっていて、係りの人がいます。

正面出口はリムジン&タクシー溜まり、左手エスカレーターを上がるとダウンタウンへの快速鉄道、右手エスカレーターを降りるとナイアガラ行きのシャトルバスやTTCの乗場階ですので、さらに先へ行くちょうど分岐点にあるので便利です。

手続きの流れ

カウンターでの会話の流れは以下の通り。

・トロントの滞在期間中に SIM を使いたい
・アンロックされたスマホを見せる
・滞在期間を言う(例:3日、1週間など)
・短期滞在なので、使い捨てにすることを告げる

ここからはプランの選択。ちょうどキャンペーン中で、$40のトーク&データ通信プランのデータが4ギガ増量中でしたので、それを選択。(chatr の料金体系はこちらを参照してください

これが実際の契約後のレシート。$40のプランにSIM代がかかって、総額が$46.20でした。

「自分でSIMを入れるか、それともやってあげるけど?」と聞かれますので、どちらか好きな方を告げます。今回はやってもらいました。

注意点など

念のため表示言語を一時的に英語にしましたが、恐らく日本語のままでもやってくれるのではないかと思うほどあっという間に終わってしまいましたので、特に何もしないで渡してもいいかもしれないですね。

日本で MVNO に契約していて構成ファイルをインストールしている場合は、SIM を入れた段階で削除しないとデータ通信が繋がらないということが起きる可能性が高いので、SIM 入れ替えをしても繋がらない場合は日本の構成ファイルを削除が必要です。あらかじめ自分の設定を確認しておくと良いでしょう。

カウンターを去る前に必ずスマホのWifiをオフにし、データ通信ができているかを確認することも忘れずに。

結論

今回は妻の滞在中用で、使用したのは日本のアップルストアで買ったアンロック版 iPhone X。日本ではドコモで契約していますが、特に何もせず SIM を差し替えるだけで開通しました(設定ファイルがないため)。

帰りはトロントの空港か機内で SIM 差し替えをするだけで日本で普段通りドコモに復帰できるはずです。

原則使い捨てなので、SIM はそのまま廃棄処分にしてかまいません。1カ月を超えてチャージされることもありません。

これまでは Wifi ルーターを使っていたわけですが、「スマホだけというのはやっぱり便利」と言っていました。通話もセットなので友人と電話したい時にも便利ですが、ほぼ LINE でのコミュニケーションなので、ネットの容量に余裕があるほうが安心でしょう。

ネットのスピードですが、特に問題ないレベルです。

SIMまとめ

【大失敗】トロント chatr mobile の SIM を自分でアクティベート

数年前からトロント国際空港に出店を構えるようになった chatr mobile。

第一ターミナル到着ロビーにこんな風に出ています。これは観光シーズンの夏季営業のようで、冬には見かけませんでした。いわゆる旅行者用プリペイドではありませんが、それに似た契約項目があるので、調べてみました。

この記事の目次
料金設定について

chatr のプランは大きく2種類に分かれています。「AUTO-PAY」はアクティベート時にクレジットカードを登録し、毎月課金が行われ、「REGULAR」は月ごとの支払い(自動更新なし)。従って、「REGULAR」で契約をすれば、使い捨てができることになります。

これが chatr の料金プラン。前回同様、データ通信があるプランを表示させています。この場合最安$40だと、3Gで2GB(データ量を超えると速度制限がかかる)までとなり、先の Public Mobile と同様レベルですね。

SIM の入手と契約方法

旅行でトロントにやってきて一番早く SIM を入手する方法は、先ほどのトロント国際空港の第1ターミナル到着ロビーです。冬季には見かけませんでしたから、シーズン営業なのかもしれません。その場合は、実店舗に行きます。

実店舗はダウンタウンにかなりあり、行きやすいのはイートンセンター地下1階。地下鉄クイーン駅からだとそのままショッパーズ(Shoppers Drug Mart)を超えて少し歩くと看板が見えてきます。

自分で SIM をアクティベート

今回は郵送で SIM を受け取り、オンラインでアクティベートを試みました。

lrg_dsc04817

これが郵送されてきたSIM。公式ウエブサイトのアクティベーションの入り口画面で「Start」をタップして始めることにします。

詳細は上のスクリーンショットをご覧ください。以下ステップごとの解説です。

1)最初に SIM カードの番号を入れるようにと言われるので、郵送されてきたカードの裏面に書かれている番号を入れます。手持ちの iPhone ですから、*Do you have a chatr phone? のチェックボックスは、「NO」。PICK YOUR PROVINCE AND CITY は、Ontario と Toronto。これらを入力して、この画面を抜けます。

2)次は電話番号の選択画面で、No, I want a new number を選ぶと番号の候補が出てきますので、その中から選びます。これが終わるとプランの選択画面になります。

3)ここで気をつけるのは、「REGULAR PLANS」を選ぶこと。今回は月$40のデータ2GBを選択。

4)次はレジストレーション。氏名、ユーザー名、パスワード、パスワードを忘れた時に聞かれる質問(Security reminder question)とその答え、メールアドレスなどを入力し、

5)さらに住所の登録(旅行でトロントを訪れた場合は、滞在中の連絡先で良いと思います)をします。

6)いよいよ支払い情報ですが、ここで One-time payment を選択すると3つの方法が出てきます。今回はクレジットカードを渡さないというストーリーなので、最後の chatr top-up card を選びます。

7)規約を確認(チェックボックスをクリック)し、Continue で次の画面へ。

8)PAYMENT METHOD(支払い方法)の画面には、Top-up card PIN# という表示とボックスが出てきました。

結論

この時、クレジットカードを使わず電気店で売っているトップアップカードを買ってアクティベートをしたいと考えていました。実はここまでの手続きはそのままキャンセルして画面を離れたのですが、次にアクティベートをしようとしたら、「すでに登録されています」と出て身動きが取れなくなってしまいました。大失敗!

2DD82921-1FD1-4176-82E1-073526348C08.jpeg

この方法でアクティベートをする場合、最初から$40のトップアップカードも用意しておかないと無理なようです。これはダウンタウン(ダンダスのBest Buy)で売っていたもの。これを近くのカウンターに持っていくと、会計後にレシートに印刷されたコードをくれます。

もしこのトップアップカードが手元にない場合は、クレジットカードで済ませるのが得策。一度きりにしておけば、次月以降に課金されることはありません。

SIMまとめ

ヒースローで SIM を買う

人生初のヨーロッパ旅行の行き先はイギリス。トロント(カナダ)からロンドン・ヒースロー国際空港までの飛行時間は7時間半。夜11時トロント発のエアカナダに乗り込み、到着したのは現地時間の翌日午前11時。時差の関係もあり、夜中に飛んで着いたのはお昼前でした。

旅の準備はキーワードでどんどん Google 検索をかけ、気になることは全部記憶かメモ。ひとり旅では行きたいところだけをあらかじめ押さえておき、回る順番は現地で最終決定するため、旅行中は Google Map をナビにと iPhone 任せ。現地での常時ネット接続環境を整えることが最重要課題です。私の iPhone はトロントのアップルストアで買ったアンロック版ですから、現地で安価なプリペイド SIM が買えればベスト。

イギリスはこの手の SIM はかなり普及していて、空港のお店に立ち寄って店員さんに聞いてみると簡単にできるようだったので、早速手持ちのアンロック版 iPhone5 を渡して設定してもらうことにしました。

img_0962

滞在は5日間ほど、ロンドンとヨークへ行く旅程と、主にデータ通信が必要だと告げると、「UK Plan 10 only £10 for a month」おススメされました。1GBのデータ通信と通話のセットで20カナダドル。非常にお安くすみます。

面倒な設定はその場で店員さんが全部やってくれましたので、設定と開通は待っている10分ほど。早速 Google Map で空港から次の目的地への経路を調べることができました。

英国政府観光庁の日本語サイトで見つけた Wifi ルーター

これとは別に、事前にネットで見つけた英国政府観光庁の Wifi ルーターを、空港での現地受け取りもあり元の業者の英語サイトから予約しておきました。

受け取り指定の店舗(荷物一時預かり所のような場所)は SIM 販売所の目の前。「WiFiルーターをピックアップに来た」と告げると、「名前は?」と言われてレジ下の引き出しから「はいどうぞ」。これで終わりです。

渡されたパッケージを開けると、ポーチの中には予備のプラグとバッテリーがついていたのは親切でした。

20150511_123744.JPG

滞在中(4泊5日)、ロンドンのコンビニにもデカデカと看板が出ているほど普及しているようでした。値段ですが、ルーターは65ドル、20ドルの SIM と値段の比較にはなりませんでした。SIM の繋がり具合は、Google Map を主に使う使い方では不具合などは感じられませんでした。

トロント(カナダ)で使えるプリペイドSIMを検証2018

ネットを使って情報を探す個人旅行に必須のスマホ・データ通信。旅行先の国でプリペイド SIM を入れれば、安価にデータ通信が使えるので、日本でも海外旅行者向けに期間限定の使い捨て SIM が豊富に用意されています。

私の場合、

・カナダ〜安価な携帯キャリア Freedom Mobile(月40ドルのTalk & Data)
・日本〜 umobile(月900円程度のデータ専用)
・それ以外の地域〜ローミングが安価な US 以外は現地でデータプリペイドSIM

こんな風にしています。使用しているのは、アンロック版のスマホ(iPhone X)。機種はともかく、今の時代はアンロックされていることが前提条件となると思います。

この記事の目次
トロント国際空港で買えるプリペイドSIMについて

こうした暮らしをしているため、カナダにはこう言った SIM はないのかと良く聞かれます。最近になって、安価をウリにするキャリアのサービスを利用すると、旅行者のような短期滞在者でもプリペイドのようにしてデータ通信がスマホでできるようになる SIM が販売されるようになってきました。

一番便利なのは、第一ターミナル到着ロビー(エアカナダの直行便が到着するターミナルのロビー)に出店しているチャター(Chatr)。

ただしこの出店は旅行者の多い夏季によく見かけるので、年間を通じてという保証はありません。実際どうなるのかについては、下記ブログで検証してみましたのでご覧下さい。使ったのは、カナダ版 iPhone 6 / 日本版 iPhone X / カナダ版 iPhone X の3機種です。

契約時にクレジットカードを登録せず月ごとの支払いオプションを選び掛け捨てにすると、プリペイド SIM の用に使うことができます。

【大失敗】トロント chatr mobile の SIM を自分でアクティベート
【これは便利】トロント国際空港で短期滞在用 SIM を買う方法

自分でやろうとしたら色々間違えてしまい、観念して空港のカウンターでやってもらったらあっという間でした。

ダウンタウンの店舗で契約する Public Mobile

ダウンタウンに出ると、Public Mobile でも店舗で chatr と似た「掛け捨て」の契約をすることが可能です。

こちらも実際に検証してみました。

Public Mobile のプリペイドSIMを買ってわかったこと

コンビニで買える掛け捨て契約が可能な SIM

ダウンタウンに沢山の店舗があるセブンイレブン。SIM カードはレジで言うと出してきてくれます。この SIM はデータ通信より、電話番号を持っておきたいという用途に適した料金設定を行なっています。これについても別ブログで検証していますので、下記をご覧下さい。

【検証】トロントのコンビニでゲットできる、セブンの格安 SIMSpeakOut」を使ってみてわかったこと

どうしてもスマホを使いたいのであれば、こうやって「使い捨てのプリペイドSIM」的に使えます。またそれほどネットに頼らない2〜3日のトロント滞在なのであれば、Wifi ホットスポットで事足りる場合もあるかもしれません。念のため以下まとめておきます。

トロントのフリーWifi事情

1)空港と空港快速
空港施設内と空港からダウンタウンを繋ぐ快速列車(UP Express)にはフリーWifiがあります。空港での接続は設定からWifiの指定をするだけで通ります。

快速列車内の接続はFacebookのアカウントを要求されます。個人的にこれはちょっと嫌な感じがしますので、使っていません。

2)ホテル&カフェ
ホテルの宿泊についているWifiサービスは、時間帯によっては遅い/繋がらないことが多く、スタバなどカフェでのネットはかなり普及していて、接続が簡単で安定しています。

カフェでネットを使う場合の注意

最近個人経営のカフェで「ラップトップを使ったネット使用を嫌がる」ケースが出てきました。主に学生さんが長時間座席を占領していることに対し、混む時間帯には使わないよう呼びかける動きです。そういった店には必ず入口やテーブルなどに掲示がありますので、周りをよく見て誤解を受けないよう状況に応じた判断が必要です。

これら無料の Wifi では、クレジットカードなどの決済は控えてください。もしスマホ上のカード決済をするなら、迷わず羽田や成田で海外向けルーターを借りるか携帯キャリアのデータ・ローミングをオンに。

カード系のトラブルに巻き込まれて面倒なことになる状況を考えると、1週間以内の旅行ならコストとしてネット環境を整えるのが得策と考えます。