【自作キーボード】minidox や crkbd でオーディオをコントロールできない時の対処法

キーボードを自作すると、様々なところが未完成のまま使いながら直していくという状況が発生します。今回は、表題のようにオーディオ・コントロールについて書いてみたいと思います。

続きを読む

広告

【自作キーボード】トロントでパーツ探し

iPad(Pro)で使う外付けキーボード。これまでキーボードを自作するということは考えたこともありませんでしたので、製品化されたモノを買うばかりでした。そんな選択肢があるならと、自宅のあるトロント(カナダ)でパーツを集め始めて今に至りますが、忘備録的にその時期(2018年10月頃まで)に経験したことをまとめておこうと思い立ちました。 続きを読む

【自作キーボード】マックでProMicroへデータ書き込み作業の忘備録

一度分かってしまえば簡単なことでも、最初は心がくじけそうになるほどの難題だというのは何にでも当てはまること。キーボードの自作においてもそのことは当てはまります。今回は忘備録として、表題の作業でのポイントを残しておきます。 続きを読む

iPad Pro のケースを自作 DIY

市販のケースを探すのも楽しいですが、自作というのも味があって好きです。今回は iPad Pro のケースを作ってみました。

この記事の目次

自作といっても完全な DIY ではなく、いつものようにアレンジを施すという感じなので失敗も少なく材料は目に付いたモノを使う簡単な方法でやってゆきます。

好みの袋にであいました

トロントの Bellwoods でビールグラスを買った時に入れてもらった紙袋を捨てるのがもったいなかったので、iPad を入れてみるとなかなか良い感じでした。手提げの部分だけを切り取り、封筒にします。

そのままだと強度に問題があるので、薄手のビニール袋を内側に貼って補強します。

これがスタート。

最初のデコレーション

これだと素っ気ないのと、袋の底がパタパタするので、ステッカーを貼ってとめます。

チポットレーのチップスの袋はデザインがちょっと良かったので、切り貼りでおもて面を強化。

使っていると、最初に使っていた薄手のビニール袋がゴソゴソしてきちゃったので、iPad Pro 専用のクリアケースを買った時の外袋の上側を切ってそれを入れ込みました。これで強度はかなり増しました。

ここまでは iPad を買って間もなくやっていたこと。

最近のアップデート

あれから1年が経ちました。ここ最近でまた手を加えましたので、まとめてみます。

封筒なので、切手を貼ってみようということで、手持ちのカナダ1セント切手を。これは今市販されているのでしょうか、というくらい昔のものです。ついでにエアメールのシールも。下の CANADIAN はビール瓶から剥がしたラベルが余っていたので。アップルのロゴ入りメモ帳が出てきて、最初のページの色が変わっていたので、切って貼り付けます。

この段階で Apple Pencil を入手したので、ペン差しは LCBO(トロントの酒屋)でワインを買った時に入れてもらった袋をアレンジして。

裏面はこんな感じ。1年くらいテーブルに貼っておいた TTC(トロント交通局)のマップをはがさなければならなくなって、もったいないのでここに移設。

無地の部分がだいぶ少なくなってきました。

おまけ

初代 Macbook Air 以来2台目。本体をこんな風にするのは、自分的にはメインマシンの証ですが、この iPad は今後の私のメインマシンになって行くのでしょうか・・・・。

ステッカーだったり両面テープ貼りであったりいろいろですが、トロント濃いめのビジュアルになりました。センスがあるかないかはともかく、こうやっていろいろ貼り付けて行くと楽しいものです。

カナダのノスタルジーを語る STUBBY ボトル

1960年代のカナダで盛んに製造されたスタビー。「ずんぐりした」という言葉の通り丸みを帯びたボトルは、その後20年間カナダ人に親しまれたのち、現在のほっそりした瓶やアルミ缶に取って代わられました。

まれに復刻版としてスタビーが売り出されますが、たまたま昨日訪れた LCBO(トロントの酒屋)にはカナダで代表的な3種類が揃い踏みなのを見つけ、早速レジに持っていくと「今日は父の日だからね」と店員さんに声をかけられ、合点が行ったわけです。

買ったのは6本入りカートン3種類(カナディアン・ラバット・バドワイザー)の合計18本。たまにはビールでも、と気軽に立ち寄っただけなのに大量に仕入れたのは、このレトロな瓶をどうにか保存できないものかと考えたことからでした。

ラベルがいいですね。

キャップはメープル。

ラバットはトロント近郊のロンドンという街に大きな工場がある老舗です。さすがにビールを入れたまま保存はしたくないので中身は飲むとして、保存アイテムとしては3種類(ラベル付きのボトルの状態・ラベルのみ・カートン)あるかな、と。

さっそくボトルを水につけてラベル剥がしを試みます。裏面は何とか綺麗に剥がせたのですが、おもて面は苦戦。

結局ラベル剥がしフィルムのお世話になります。糊の材質は変わらないのですが、ラベルが薄すぎて無理でした。

カートンをどうするかは思案中。

実は別なカートンは iPad Pro のケースに切り貼りしたものを DIY したのですが、内箱が決まっていないままになっています。

ここに切り貼りというのも良いかもしれませんね。候補はバドワイザーでしょうか。カナディアンとラバットは切ってしまうのは惜しい感じがするので、ラベル付きの空ビンを入れてどこかに飾っておきましょうか?

18本を飲み干すまでゆっくりと考えてみたいと思います。

トロント Tim Hortons の Camp Day チャリティー

カナダでは企業の社会貢献としてチャリティー・イベントが盛んに行われています。今日はコーヒー&ドーナツチェーン店「ティム・ホートンズ」のキャンプ・デーについて書いてみます。

ティム・ホートンズにはこども基金がありますが、その活動の一環として、キャンプデーというチャリティー・イベントが毎年この時期1日限りで行われる、ということを実は今年初めて知りました。

https://www.timhortons.com/ca/en/childrens-foundation/camp-day.php

この日にコーヒーを買うと、その売り上げのすべてがこども基金へ寄付され、この夏なかなかキャンプに行くことができない環境の子供たちが楽しく過ごすことができるようです。

また2ドルを寄付すると、ブレスレットを一つ記念にもらうことができます。

今日は、コーヒーを4杯(LG1/MD2/SM1)と4ドルのドネーションをしました。理由は色違いのカップを揃えるため、という理由もありましたので、カップコレクションが何かの役に立つのであれば、それは良かったです。早速家に帰りコーヒーはジャーに入れ替え、中身のカップ洗って乾かします。

ここから先は、いつもの DIY(カナダ建国150周年記念DIYタンブラーの作り方)。タンブラーから中紙を取り出し、キャンプデーに着せ替えます。

今回は、取ってある型紙を使うので簡単。カップを丁寧に分解し、型紙を載せます。あとは鉛筆で縁取りし、ハサミで切るだけ。

完成!

さっそくミサンガ風のブレスレットもつけてみました。息子たちが小さかった頃、夏になるとキャンプに出席して楽しい思い出を作っていたことを思い出しました。この基金を通じて多くの子供たちが楽しい夏を過ごしてもらえるように、願っています。

画像

メガネケースをDIY

一時帰国の際に伊東屋で見つけた赤い小さなケース。何に使うかも決めないで買ったモノですが、DIY してメガネケースにしてしまいます。

Untitled

イタリア製とのことですが、本来何を入れるものなのかは不明。持った感じが良かったので買ってしまいました。入れるメガネは恵比寿の groom(ジールーム)オリジナル。メガネ本体が折りたたみで、買った時に付いてきたソフトケースだと持ち運ぶ時に不安でした。

Untitled

そこでソフトケースの代用として入れてみるのですが、フレームの縁がどうしても1ミリほどはみ出してしまい、蓋が閉まりません。この状態で店主に見せたら「メガネが壊れるからやめなさい」と言われてションボリしていました。

Untitled

閉まらない原因は、ケースの内張。

Untitled

剥がすと、きっちり入ります。でも、このままだとメガネを傷つけてしまいます。

Untitled

買った時についてきた布を敷いてみます。

Untitled

上手に包むと蓋は閉まる状態。振ってみるとカタカタ音がしますから、内部は多少余裕がある。

Untitled

最初に剥がした内張を元に戻すことにします。そのまま戻すと蓋が閉まりませんので、切ります。

Untitled

切る分量は悩むところですが、まずはこれくらい。

Untitled

元に戻し、メガネを入れ蓋が閉まることを確認します。

Untitled

その際、先ほどの布を切って下に敷いておきます。細かいところの完成度はまだまだですが、イメージとしてはこの状態で蓋がきっちり閉まり、中のメガネが動かなければ目的達成とします。

Untitled

閉まりました。振っても音はしませんので、内部のサイズも良さそうです。布の色とか材質、貼り方はもう少し工夫できる余地があります。

以下は後日談です。ケースのボトムの布を当てた部分にオレンジ色の布を使っていましたが、黒に貼り直しました。

貼った後に細かな部分を見て行きます。特にケースのエッジの部分が綺麗ではありませんね。

貼り直しても、サイズ的には問題ないことを確認。貼り直しと言っても前回のオレンジの上に黒を貼っているので、メガネの保護という点ではさらに良くなったかと思います。

はみ出している部分の確認。これをハサミでできるだけ綺麗に切りそろえて行きます。

その上で、瞬間接着剤を使って貼って行きます。

うまく貼れたでしょうか。

確認のため、メガネを入れて蓋が綺麗に閉まるかどうかをやってみましたが問題ないようでした。念のため、接着剤が完全に乾くまではメガネは入れないでおきます。

満足できる仕上がりになりました。

画像

DIYタンブラーの着せ替え

Untitled

ティムホートンズがカナダ建国150周年を記念して、カナダデーに始めたロールアップ・ザ・リム・トゥー・ウイン。カップのデザインが変わったので、早速ゲット。これを使って、DIYしたタンブラーの着せ替えを作ってみることにしました。(前回の顛末はこちらから

まずは、リムローラーを取り出し、

Untitled

くじのチェック。

Untitled

外れました。

Untitled

前回作ったモノを型紙に、早速新しい型紙を作ります。

Untitled

一回作ってあるので、今度は大変ラク。あっという間にできてしまいました。

Untitled

今回は、これも内側にしまえないかと考え、色々試行錯誤の末表紙の写真のようになりました。こんな感じで着せ替えが増えてゆくと楽しいものだと、そんな風に思います。

カナダ建国150周年DIYタンブラー

Tim Hortons の紙コップ、コースター作りはそろそろ飽きてきたところで、さらに再利用を考えました。

Untitled

スタバに昔オリジナルタンブラーを作れるモノを売っていましたが、ティムホートンズをスタバに入れるのも・・・トロントで色々探したのですが、こういう時はカナダの少ない品揃えに苦労します。一時帰国時に「カスタムデザインタンブラー」という商品を見つけました。日本の豊富なグッズ類に脱帽です。

Untitled

こういうものです。

Untitled

写真のカップはスモールですが、実際はミディアム・サイズがぴったりでした。

Untitled

黒い部分が内側のカップで、ここにティムホートンの紙コップを分解して巻きつけるようにします。

Untitled

最初に紙で台紙を作り、大まかな大きさを測ります。これを型紙にしますが、実際はカップに差し込みながらちょっとずつ切り進み、最終的なサイズにします。

Untitled

完成しました。なかなか上手にできたので、満足です。