【検証】カナダで買った iPhone が日本で使いずらい理由

国をまたいで生活をしていると、普段は気づかないことに色々と気づかされることがあります。例えば言葉、気候、生活習慣、貨幣などなど・・・電子機器については、電圧が調整されるようになってから電源タップの形状を除いては世界のどこに出かけても気にすることはなくなりました。

この記事の目次

ただ iPhone はなかなかそういきません。各国の電波法や技術仕様が違うため、入国と同時にその設定に合わせなければならないからです。

カナダ版 iPhone X が日本で使いずらい理由は?

私の iPhone X は日本で普通に動作していたため最初は動作不良かと思い、ドコモのサポートに電話したり販売店まで行く大騒ぎとなりましたが、結局原因の特定には至りませんでした。試しに長男が使っている au にも SIM を挿してみましたが、状況は同じでした。

この結果として、カナダ版 iPhone X は日本の大手キャリアでは使えない(2018年5月現在)ということがわかりました。

調べたところ、日本とカナダの iPhone X は厳密には型番が違う仕様になっていることが判明。この話題は深入りすると難しいのでこれだけにしておきますが、大手キャリアは何らかの方法で日本仕様ではない iPhone について何らかの制限をかけているのでしょうか。

結果として、外観が同じ北米仕様の iPhone は日本で完全に動作しないと言う状況が生まれています。カナダ版の iPhone が日本の大手キャリアで使えないとは思いもよりませんでした。

カナダ版 iPhone X は北米仕様で、日本版とは型番が違います

法的なことを言うと日本には技適という決まりがあり、技適外の携帯(海外から持ち込まれるもの)は90日間のみ使用可と定められています。これは海外から多くの旅行者がやってくる現状に合わせて規制が緩和されてきたと理解して良いでしょう。

iPhone X には3つの型番(A1865、A1901、A1902)があり、北米仕様は 1901、日本の技適を受けているのは1902です。問題は、ドコモなど日本の携帯大手が販売している SIM を挿すと何らかの制限がかかることです。

これが判明したのは、妻用にカナダで買った iPhone X に、日本で使っている iPhone 用 ドコモの SIM を抜いて入れて動作しなかったことで発覚しました。具体的には、電話の電波は受診するものの、データ通信が全滅です。

なおカナダ版は、アメリカ合衆国、ヨーロッパ、ロシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、フィリピン、マレーシア、台湾、韓国、メキシコ、UAE、ブラジル、コロンビア、コスタリカ、アルゼンチン、南アフリカの認証を受けていますので、日本だけが特殊、と言って良い状況です。

どうしても日本で使いたい場合の SIM の選び方

振り返ってみれば、私が契約している u-mobile は iPhone が正しく動作するようプロファイルと言う設定ファイルを配布しており、これをインストールすることでカナダで買った iPhone が日本でも使えた訳です。カナダで買った iPhone をどうしても日本で使いたい(新しく日本で買い直すのはイヤ)場合は、この方法があります。

当初私は一時帰国時に、外国人向けに日本で販売されている1週間〜1ヶ月使える SIM を使っていました。この SIM は指定のプロファイルをインストールすることで、対応機種であれば問題なく使えるようになっています。その後一時帰国用に MVNO の u-mobile のデータ通信 SIM を契約し、カナダ出国時に SIM の差し替えをして使ってきました。従って、最新型のカナダ版 iPhone X でも同じように動作するはずと考えていたわけですし、実際カナダ版 iPhone X は問題なく使えています。

実際この使い方だとカナダ・日本の両国でカナダ版 iPhone X を使うことは可能です。動作保証については公式サイト(ここ)に詳細がありますが、上記のようにSIMフリーの iPhone は確認されています。

このように、プロファイルのインストール方法もわかりやすく解説されています(ここ)。

結論

カナダに生活の拠点があり日本との間を行ったり来たりするのであれば、カナダでアンロック済みの iPhone を買って、MVNO の SIM を入れて日本で使える可能性は高いといったところです。

どうしてもカナダ版の iPhone を日本でも使い続けたい場合は、このようにすることで対策を取ることができます。ただ、技適外のため厳密に言うと長期利用となると法的に問題が起きます(が、ペナルティが課せられると聞いたことはありません)。

広告
画像

【検証】カナダ版 iPhone X に Suica を入れて日本で使うとどうなるか

カナダで買った iPhone XSuica を入れた後、日本に持って使ってみて気づいたことをまとめてみます。

9AC2BC43-A18F-44EE-9DBF-A9F009B6DDB5

カナダで売られている iPhone X は北米仕様

海外から持ち込む技適外の携帯は、90日間のみ使用可です。残念ながら、北米仕様のXは技適を受けていませんので、ドコモなど日本の携帯大手が販売している sim を挿しても正しく動作しません(データ通信ができない)。

これが判明したのは、妻用にカナダで買った X に日本で使っている 日本用 iPhone で使っている DOCOMO の SIM を抜いて入れてみたところ、動作せず。DOCOMO のサポートに電話したり、販売店まで行く大騒ぎとなりました。それでも、原因の特定には至りませんでした。

仕方なく自分で調べたところ、日本とカナダの iPhone X は厳密には型番が違う仕様になっていることが判明。試しに長男が使っている AU も同じくやってみましたが、使えませんでした。同じ機種でも型番が違うという微妙な仕様設定が、こういう状況を作り出しているようです。

日本で使える SIM のこと

こんな事情があっても、外国人向けに日本で販売されている1週間〜1ヶ月使える SIM は、指定のプロファイルをインストールすることで、問題なく使えます。さらに私の場合一時帰国用に年間契約している MVNO の umobile のデータ通信 SIM を持っていて帰国時に SIM の差し替えをして使うのですが、今回これを刺したら通りました。

結論としては、カナダに生活の拠点があり日本との間を行ったり来たりするのであれば、カナダでアンロック済みの iPhone を買って、MVNO の SIM を入れて日本で使える可能性は高いといったところです。なお MVNO でも動作保証はありませんので、要注意です。

SIM が通れば、SUICA は普通に使えます

前置きがながくなりました。SIM さえ通れば、日本のスマホと同様に使えます。入れておいた SUICA も正しく動作します。残金がリアルタイムにわかるのが便利ですね。チャージは、セブンなどコンビニで行います。

JR の駅でピンク色の新型のチャージ機があったら、これも使えます。秋葉原に1台あって、滞在中は良くここを利用しました。右下にあるトレイに iPhone X を置くと、ケースをつけていてもカードを認識します。大阪に行った時、トレイにカバーが付いていて、それを閉めないとチャージができない機種がありました。この場合は難しいでしょうね。東京のものは iPhone 可でした。

画像

【検証】カナダで買った iPhone X に Suica を入れる方法

日本では iPhone に Suica を入れて JR や地下鉄・バスに乗るというのが当たり前の光景になっています。普段はカナダ(トロント)に住み一時帰国をするたびに不自由を感じていましたが、今回カナダで買った iPhone X に日本で買った Suica カードを入れてみましたので、その手順についてまとめてみたいと思います。

この記事の目次
必要なもの

公式サイトには、条件と方法が説明されています。要約すると、

プラスチックカードの Suica iPhone に追加するには以下のものが必要です。

・日本国内で購入した iPhone 7 または iPhone 7 Plus (モデル A1779 および A1785)
・iPhone 8 または iPhone 8 Plus
・最新バージョンの iOS
・デバイスの地域 (「設定」>「一般」>「言語と地域」) が日本に設定されていること
・Suica (無記名式)、My Suica (記名式)、または Suica 定期券のプラスチックカード

ここで注目したいのは、iPhone 8 から「日本国内で購入した」という記述が外されていること。調べてみると、この機種から従来の NFC に加えて日本で一般的に使われている FeliCa が標準搭載されたため「日本国内」表示が消えたようです。このブログ執筆時に新発売の iPhone X がリストアップされていないものの、下位機種でできるのですから条件的には問題ないと解釈します。

実際の手順

8E7DB335-112D-4581-86FC-E18E5B89F4F4
なので、まずは日本のストアから Suica アプリをダウンロードして、Apple Pay に手持ちのカードを入れてみることにしました。

1E32EEC6-D51F-428C-A663-74B7BB08C4AB
アプリを開くと、一枚も入っていないと出ますので、追加をします。

A82F59EB-3CB2-44A9-9D96-06B5E9B07A74
ポイントは「デバイスの地域」。日本に設定しておくと、クレジットカードの下に Suica という欄が出てきて、それをクリックすると「Suica を追加」画面になります。登録は、手持ちのカードの裏に記載されている4桁をいれるだけ。

25A2E26D-552E-4BAD-87B4-819C8020BFDB
そうすると、転送画面になります。

E9511834-B0C2-49EF-B2E8-078FB214571C
日本の夜中に行われていたシステムメンテナンスのため、この時は通りませんでした。

C9C507EB-7AE0-4B51-A5A1-F516C0690A54
夕方もう一度試してみたところ、すんなり登録終了。自動的にエクスプレス設定にもなっていました。

DCD45C69-29C4-467D-B486-E1D5F7D016E0
チャージは、500円プラスデポジットの500円、合計1000円になりました。料金表示の下に「ON トロント」とあるのは、オンタリオ州トロント、という現在地。一応 GPS で登録現在地を見ているのですね、興味深いです。なお手元のプラスチックカードはこれ以降はつかうことはできません。

結論

チャージはクレジットカード設定ではないので、コンビニなどタッチ式の端末がある所で現金からのチャージ。

今まで残金がすぐに手元で確認できなかった PASMO から Suica に変えたことで、iPhone X 上でリアルタイムにわかるようになるのは便利。コンビニや自販機でも使えるので、次回の帰国時に小銭から解放されるのが今から楽しみです。

あわせてご覧ください
画像

トロントで当日在庫の iPhone X を買って分かったこと

サイズが大きい iPhone X。結局買うことにしました。1日に数回ごく少量が直接アップルストアで受け取れると知り、調べるとストアアプリを使えば当日ピックアップができるとあったので、実際にやってみたことを元に書いておきます。

数日様子を見ていると、狙いは午前6時と8時のようです。ここを目安に前後30分ほど画面をリフレッシュしながら、リストに在庫が出るのを待ちます。在庫がリストに乗ると緑色に変わりますがほぼ瞬時になくなりますので、タイミングと運がすべて。現在(11月21日)はふつうにオーダーしても2〜3週間と出ていますので、急がないのであれば普通にオーダーした方がいいと思います。

またピックアップの場所が出た後運良く入れてもタッチの差で取られてしまうと、「pick up store」が選択不可になってしまうことがあります。時間との勝負ですね。コツとしては、お店が出てくる→クリックする→バッグに入れる→バッグでチェックアウト。ここまでを素早く終わらせるとうまくいきます。

運良くオーダーが通ると、ここから先はゆっくりでも平気みたいです。やることは、受け取り時間のウインドウから都合の良い時間を指定し、支払い情報を入れて注文を確定するだけです。

注文を済ませると、受け取りまでに2通のメールが送られて来ます。最初のメールはオーダーを受け取りました、という確認。次にもう一通ピックアップの準備ができました、というメール。これが届いたら、お店で iPhone の準備ができたという知らせ。

F9FF0D93-C642-4BE5-9EC8-065CC4E781DF

私の場合は8時半にオーダーが通り、受け取りを開店直後の10時〜10時半(アプリで事前に指定できる)にしたため時間が短く少し待たされましたが、10時半きっかりにメールが来て無事受け取りができました。

146BFD66-62B3-4B3B-87D1-6EE2DE9C070A

受け取りには、送られてきた受け取り確認のメールと写真付きIDが必要です。