【まとめ】トロント PRESTO(プレスト・カード)の使い方・乗り方

トロントの中心部ダウンタウンは、主要な場所には徒歩で行けてしまうほどコンパクトな作りになっています。この街の移動をさらに便利にするのが、地下鉄・バス・ストリートカーの3つがネットワークのように繋がり市内全域を網羅する公共交通機関(トロントTTC)の「ちょい乗り」。

トロントTTC乗車時に使う長年に渡って行われてきたプレスト・カード導入が、今年に入って、が完了しました。今後はプレストが中心になってので、について、まとめてみました。

この記事の目次

プレスト(PRESTO)カードを使ったTTCの乗り方

2018年8月現在、TTC全域でプレスト・システムの工事もほぼ完了し、運用されています。具体的には、

・地下鉄駅改札
・バス乗車口(前後)
・ストリートカー乗車口(前後)

これらすべてにカードリーダーが設置され、地下鉄駅には自動カード販売機・チャージ機の設置が終了しています。

img_0838

これで、プレストがこれまでのレガシー乗車券の大部分をカバーしました。

・通常乗車
・トランスファー(地下鉄・バス・ストリートカー乗り継ぎ)
・メトロパス(月払い)

乗り方は、このカードリーダーをタッチするだけ。

46E76C78-5783-4AE4-A9DA-4DA841AD69B3

TTCは一律料金のため、タッチは乗車時のみ。乗り継ぎの場合は乗車時に次々とタッチすることでシステム側が判断しますから、トランスファーチケットも必要ありません。

プレストの今後

カードにはこれまで3種類のパターンがありましたが、現在発行中のグリーン・カードは徐々にブラック・カード(ショッパーズ・ドラッグの限定店舗で販売中)に統一されて行くようです。機能的には変わりません。

トロントTTC のレガシー乗車券のうちメトロパスカードは2018年末、トークン/チケットは来年末(2019年)までに廃止となります。

システム運営会社によると、今後はクレジットカード&銀行デビッドカードをプレストと併用するシステムを導入するとのこと。これはすでにバンクーバーやロンドン(イギリス)で運用されているスタイルですね。

今後短期滞在/旅行などでトロントに滞在する場合、ピアソン国際空港のダウンタウン行き鉄道(UP Express)でプレスト・カード($6)を買い、必要な分をチャージするというスタイルが定番となる日も近付いてきました。

ブログまとめ

以下、これまでプレストについて買いたものをまとめておきます。随時アップデートして行きますが、ご参考までに表にまとめましたので、どうぞご覧ください。

種類 内容
1) トロントの交通系スマートカード事情
2) 【検証】トロント TTC 〜 UP Express 乗り継ぎでディスカウント料金にする方法
3) トロント PRESTO カード購入とチャージ法 2018
4) トロント TTC の自動販売機で PRESTO カード購入
5) スペシャルデザインの PRESTO は完売
6) トロント PRESTO カード残高表示アプリ4種類比較
7) 2019年よりトロント TTC メトロパスは廃止になり PRESTO に合流します(購入実例あり)

広告

【検証】トロント TTC 〜 UP Express 乗り継ぎでディスカウント料金にする方法

TTC と UP Express を乗り継いだ場合のディスカウント料金設定について、昨日用事で空港に行きましたので検証してみることとしました。

この記事の目次

実際に乗車した際のカード履歴と公式サイトの説明を比較して行くことで、どういう仕組みなのか、実際にちゃんと適用されるのか、注意点はあるのかについてまとめてゆきます。

カード履歴について

まずは下のスクリーンショットをご覧ください。

これは当日の PRESTO カード履歴ですが、下から上に向かってこの日に何が記録されたのか、下に和訳しました。

元々のカード残金〜$32.30
ユニオン駅まで TTC($3.00)〜カード残金 $29.30
UP Express へ乗り換え($9.25)〜カード残金 $20.05
車内検札
乗り換えディスカウント($1.50)〜カード残金$21.55

記録上は間違いありません。早速どんなことがカード上で行われていたのかを見ていきたいとおもいます。

TTC 公式サイトの説明

まず TTC の公式サイト上ではどのような説明が行われているのかについて調べてみます。オリジナルのテキストは、以下の通り。

抄訳してみます。

TTC と UP Express 間の乗り継ぎ

・TTC から UP Express を使い、目的地が空港のみに適用
・TTC で PRESTO を使って乗車(通常のディスカウント料金)
・UP Express に乗車の際、シルバーのデバイスにタップした時に乗り継ぎディスカウントが適用となる
・UP Express 下車の際にタップすると、$1.50(大人)あるいは$0.55(シニア&学生)のディスカウントが行われる
・TTC 乗車時から2時間以内に UP Express に乗車すること

UP Express 空港駅から TTC ユニオン駅へ

・UP Express 各駅(空港・ウエストン・ブローア)で PRESTO カードをタップし乗車・下車する
・空港駅から乗車した場合、1時間以内に TTC に乗車すると $1.50 のディスカウント料金が大人・子供・シニアに関わらず適用される

こんなことが書いてあります。時間制限としては、空港行きが2時間、ユニオン駅での TTC 乗車が1時間となってるところが注意点ですね。

カード履歴と公式サイトの説明の比較

この日私が TTC に乗車したのは 15:38 pm で、ユニオン駅から UP Express に乗り換え車内検札を受けたのが 16:39 分。すでに列車はホームに停車していて、数分前に端末でタップを済ませていましたからそこまでで約1時間。規定の2時間以内に入っていました。

ライブで履歴を見ていた時にはディスカウントが表示されていませんでしたが、今朝見たら最後の1行が加えられていましたので、システムの方で当日処理をしたのが反映されたと考えられます。

ユニオン駅には乗り継ぎ用と書かれた端末もありましたが、入り口の空港行きの端末にタップした状態でディスカウントが適用されていましたので、特別こちら側で何かをすることもなく正しく運用されているようです。

結論

帰りは別な交通手段を使いましたので、今回は$1.50 のトクをしたということになります。UP Express は正規料金で $12.50、PRESTO を使うと $9.25 と $3.25 のディスカウントがあり、さらに乗り継ぎで $1.50 がかかりますから合計で $4.75 おトク。こう見るとかなり大きなディスカウントが行われていますね。

トロント在住の場合 PRESTO を持たないのは定期券利用者になりますが、旅行者にとっては空港往復は何らかの形で必要になります。タクシーやリモなどを利用せず鉄道のみを使うのであれば、トロント到着時に迷わず PRESTO カードを購入しておいた方が良さそうです。

トロント PRESTO カード残高表示アプリ4種類比較

トロント TTC 乗車時に使うスマートカード PRESTO。残高は駅のチャージ機にカードを挿して調べるのが最も確実な方法ですが、今回はスマホのアプリを使って簡単に調べる方法について書いてみたいと思います。

この記事の目次

試したアプリは全部で無料(2)有料(2)の合計4種類。PRESTO 公式アプリは現在(2018年6月)存在しないため、これらはすべて「非公式」アプリということになります。またこれらはすべて iPhone X/カナダのAPPストアからダウンロード(購入)してテストしています。

無料アプリ2種類比較

無料でダウンロードできるのは、PRESTO Transsistant と Prestomo – PRESTO Card Checker の2種類。

Transistant アプリを開くとメニュー(一番下)の一番右に PRESTO Online をタップ。出てくる Sign into My PRESTO というページは、公式サイトの当該ページをそのままアプリ内で表示させているようです。

すでにアカウントを持っている場合は、With an Account からログイン。

残高が表示されます。直近の利用履歴は、スクロールダウンして、

Date Range を選択してグリーンのボタンをタップすると出てきます。

左上のメニューをタップすると、公式サイトでログインした時と同様、オンラインでのチャージなどができるようになっています。

アカウントを作っていない場合は、Without an Account にカード裏側の17桁の数字を入力して Sign In をタップすると残高を見ることができますが、利用履歴は見ることができません。

Prestomo アプリを開くと、最初に Sign In を求められます。

このアプリは公式サイトで作ったアカウントのデータを呼び出すようになっています。

画面はシンプルで、最初にログインすると一番上に残高、その下に直近の利用履歴が表示されます。機能としてはこれだけのシンプルさですが、アプリをログアウトをしなければ立ち上げるとすぐ残高+利用履歴のページが立ち上がります。

有料アプリ2種類比較

有料アプリは、Pronto Checker for PRESTO Card($1.39) と My Presto – Check Card Balance($0.99) の2種類。

Pronto Checker もアプリを最初に立ち上げる時、公式サイトで作ったアカウントでログインすることを求められます。

ログインが済むと、カード番号、ログイン名に続いて大きく残高が表示されます。利用履歴を見ることはできません。また、アプリからログアウトすることもできません。

ただし、複数アカウントを持っている場合はアプリ内で切り替えることができるようになっています。

My Presto はアプリを立ち上げると、無料アプリの Transistant と同じ公式サイトを表示させるスタイルの画面になります。

機能も一緒です。

結論

4つのアプリから最適なものを選ぶ基準は、画面の好みや用途に左右されます。このアプリを使うシチュエーションは、瞬時にスマホで残高を知りたいということですので、アプリを開いたらすぐに見ることができるシンプルな作りがベストだと考えます。

個人的には Prestomo のアプリデザインがシンプルで好感が持てました。アプリを開くと一発で残高がわかり、利用履歴も見られる作りが便利だと感じました。無料アプリというところも評価が高い点です。

使ってみて初めて良し悪しがわかる有料アプリですが、残念ながらどれも Prestomo を超えるとは思えませんでした。

非公式アプリは公式サイトのシステムに大幅なアップデートなどがあった場合などのサポートに難ありですが、あくまで気軽に知りたいというスタンスなら、無料アプリで充分と考えます。

画像

スペシャルデザインの PRESTO は完売

今日はしばらくぶりに UP Express を見にユニオン駅から空港までを往復してきました。

img_0953

こんな時は、送迎用限定で往復4時間制限の Meeter and Greeter Return という料金が12ドル35セントと格安でいつもこれを使ってでかけます。安いのはありがたいですが、まあ見事に残念なチケット・・・こういうものにコストはかけられないのは理解できますが、レシートというのは味気ない限りです。

72_IMG_0941

さて今回の目的は、旅行者にとっても便利な PRESTO カード。トロント国際空港に到着してすぐ入手する方法として、自動販売機で買うことができるようになりました。カードの自動販売もできる端末は UP Express ホーム入り口左側。グリーンのサインがついたもの一台のみで、実際に買ったことがなかったので試してみたいと思い、今回訪れてみました。

画面の通り進んで出てきたのはグリーンの普通のカード。買い方そのものは、TTC のものと一緒です。ただ、これまで2015年の開業以来販売し続けていた特別デザインのカードは、終了してしまったようでした。見るともなくホームのカウンターでカードを買っている人を車中から見ていると、やはりグリーンのカードを手渡されていました。随分長いこと売っていたような気がしましたが、いよいよ在庫がなくなったようです。

PRESTO のデザインは3種類。それぞれに保存用と使う用に2枚ずつ持っていますが、お洒落なイラストつきのカードはもう手に入りませんので大事に使わないといけないですね。

画像

トロント TTC の自動販売機で PRESTO カード購入

前回書いた、トロント TTC(Vaughan Metropolitan Centre)駅の PRESTO 自動販売機。日本では自販機は一般的でどこにでもありますが、こちらではまだまだ珍しい。特に TTC の自販機はレトロなものばかりで、交通系スマートカードを買うなどとは考えても見なかったので、実際に体験してみることにしました。

img_0838

2台ある機械の左側が、販売機。右側は残額を確認したりチャージするためのモノなので、今回は使いません。

32C468DE-4A8E-48ED-8EE7-7533D3515118

まずはディスプレイの中央にある PRESTO カードを買うボタンをタッチします。すべてはタッチスクリーンというのは、便利ですね。

051BE414-D7C2-4620-9896-6D7CD6037A3A.jpeg

最初に出て来るのは、この画面。カード本体は6ドル。先に進むには画面左端の「Continue」を押すようですが、

AA5ADE09-E19A-48B6-98DE-20DEA7EB451B.jpeg

この時点ではグレーになっていて進めません。

D5E72297-182E-4532-BC8E-7A24B3D47AF0.jpeg

PRESTO を初めて買う時にはカード代の他に運賃として使う分のチャージの必要があります。これは、画面左上の緑のボタン「Load Funds」をタッチすると、その画面が出てきます。

50DD260C-DC7F-4343-9B58-BCB1A3B4E856.jpeg

$5、$10、$20、$50がチャージ可能金額。今回は$10を選びました。

5F432191-E51E-4CBF-BBDB-9945AE9DA597.jpeg

画面右下の「Continue」がグリーンに変わり、次に進めるようになります。

D39CE8B4-6B03-4C0F-9472-E98B692E1BD2.jpeg

「Choose payment type」とは支払い方法のこと。今回は$20札で払うため、左のキャッシュを選びます。緑のボタンの上のアイコンが直感的にわかるように工夫されていますね。

お札は、ランプが点滅している機械右側の現金差込口に入れます。最初は戻ってきてしまったので、入れ直してセーフ。すると画面が変わり、下の出口のライトがつきます。画面には、ここからカードとお釣りの小銭が出て来るまで待て、と書いてあります。

1AF053F3-57D6-4481-AB4A-4DFEA7C1A933.jpeg

カード情報が書き込まれます。

D5E72297-182E-4532-BC8E-7A24B3D47AF0.jpeg

カードを取るように、と画面いっぱいに表示されます。

0E1C9C40-2974-4BCC-A200-BA71383D2EDA.jpeg

出てきました。グリーンの PRESTO カードがお釣りと一緒に出てきました。

46E76C78-5783-4AE4-A9DA-4DA841AD69B3.jpeg

初めてでしたが、意外に簡単。画面表示に従うだけで、しかも表示はわかりやすくできていると感じました。あとは改札でタッチして入るだけ。

トロント国際空港での入手方法は、UP EXPRESS ホーム入り口のこの券売機から。

画像

トロント PRESTO カード購入とチャージ法 2018

トロントの公共交通機関も近代化されてきて、少しずつ東京にいる時のように乗りやすくなってきました。今回はその立役者である PRESTO システムについて書いてみます。

この記事の目次

最初にこのブログを書いてから少し時間が経ったので、2018年5月現在の状況に合わせてアップデートしました。

PRESTOとは?

PRESTO はプリペイド式のスマートカードです。チャージしておいた金額が、乗車時にカードリーダーにタップされる度に引き落とされます。日本では SUICA や PASMO が広く普及していますが、PRESTO は、トロント及び近郊都市とオタワで広く使用されています。

ちなみにモントリオールとケベックシティでは OPUS という別なカードがあり、互換性はありません。

カードデザインは3種類(機能は一緒)。一般的なのは、グリーンのカード。黒のカードは、指定の Shoppers Drug Mart で入手可能です。UP Express 開通記念オリジナルデザイン・カードがありましたが、現在は販売されていません。

乗車できる交通機関

トロントでは TTC(地下鉄・バス・ストリートカー全線)、近郊都市を結ぶ GO Transit(バス及び鉄道)、空港鉄道 Union Pearson Express(UP Express)になります。

カードの入手方法

公共交通機関を中心にトロント旅行を考えているなら、PRESTO カードを入手することをオススメできるほど普及しました。

旅行者にとって最も手軽なのは、トロント国際空港 UP EXPRESS 乗り場手前にあるこの券売機を使う方法です。(買い方の詳細はこちら

2018年6月現在、新型多機能型(左)の地下鉄駅への配置が始まりました。この機種は、現金(カナダドル)も受け付けるのと、カードが買えます。現金しか手持ちがない(旅行などで来ていてやたらとクレジットカードを使いたくない)場合この端末を探すか、ユニオン駅のヨークコンコースの GO 窓口に行きます。

窓口で買う場合は、ユニオン駅地下の York コンコース(待合所)にある販売所に行きます。カード代として6ドルかかり乗車賃として最初にチャージをしますので、20ドル札を出しこれでお願いします、という方法が簡単です。

カードの使い方

TTC は運賃が一律料金のため乗車時にカードリーダーにタップします。降車時(駅の改札を含む)はタップする必要はなく、そのまま外に出ます。

GO Transit と UP Express の場合は区間によって運賃が違うため、乗車時と降車時にそれぞれ1度ずつタップして料金を確定させなければなりません。

APC_0103

なお UP EXPRESS を使ってユニオン駅から空港へ向かう場合、必ず「TO AIRPORT」サインのある端末にタップしてください。車内では必ず検札がありますので、カードを提示してください。

残高不足で乗車しようとすると、「x」マークが出て知らせてくれます。地下鉄駅と新型ストリートカーの場合は、必ず付近にチャージ機があります。注意したいのは、旧型ストリートカーとバスはその場でチャージができません。残高については覚えておく必要があります。

残高照会とチャージの手順

残高照会は、駅にある端末にカードを挿して行います。

カード利用者が増えたこともあり、アプリが数種類発表されて便利になってきました。各アプリの比較をこちらに書いてみました

以下グリーンのチャージ専用機でのチャージをご紹介します。

動画を作ってみました。以下はステップごとの解説です。

20160619_135457

最初に画面をタッチしてスタート画面を出すと、左下にカードを挿すように指示されます。

20160619_135502

PRESTO カードをこのように入れます。

20160619_135509

こういう画面が出てきます。

20160619_135527

右下のボタンを押します。

20160619_135539

チャージ金額を決めたら、画面をタッチします。

20160619_135547

先に進みます。

20160619_135556

レシートがいるかどうかを聞いてきます。

20160619_135604

支払いもタッチ式。

20160619_135622

チャージが完了したという画面が出たら、PRESTO カードを抜きます。

リロードの機械がある駅のリスト:

https://www.prestocard.ca/en-US/Pages/ContentPages/SSK.aspx

PRESTO カードにどれくらいの残高があるかについては、こちらに書きました。

画像

トロントの交通系スマートカード事情

最近デザインがリフレッシュされたプレスト(PRESTO)カード。トロントでは唯一使える交通系スマートカードです。

APC_0682

カードは今回で3世代目ですが、デザインが変わるだけで機能は変わりません。黒のカードは指定の Shoppers Drug Mart で買うことができます(2017年10月現在)。このカードはヤング・ブロア交差点のショップで買いました。

20161101_114855

使い道は、トロント交通局(TTC)と近郊鉄道(GO)、空港直通列車(UP Express)のみと限定的ですが、バスや路面電車にはスキャナーが配備済みで、地下鉄には専用ゲートが急ピッチで導入されてきましたから、使い勝手は上がっています。

20170429_095939

大変基本的なことですが、地下鉄ゲートでタップする場所はここ(手前にある緑のプラスチック部分)。表示は上から「グリーンの矢印」「ディスプレイ(ここにも矢印あり)」「手前の緑のプラスチック部分」の3つあり、慣れるまではわかりにくいです。

Untitled

注意事項は、地下鉄の改札でスキャナーのない場所がまだまだありますので、その場合は遠回りを強いられる点。そして、空港直通列車を使う場合タップは2回(乗車時と降車時)で、しかも空港行きの場合は「空港行き」と書いてある端末にタップすること、くらいでしょうか。

Untitled

チャージは駅の専用機で行います。支払いは銀行系のデビットカード、クレジットカード、Apple Pay のみになります。

P1040917

PRESTO を買ったら、スマホにこのアプリを入れておきましょう。色々なことが済ませられるようになります。

P1040918

アカウントを作り、ログインします。アカウントを作る必要がない場合も、カード裏面の番号を入れればログインできます。

P1040919

便利なのは、使用履歴と残高を表示できること、

P1040921

クレジットカードを使ってチャージができること、

P1040920

定期を買うことができること、などです。

Untitled

特定駅の窓口でしか買えなかったカードですが、(限られた駅ですが)自動販売機でも買えるようになりました。

P1040677

駅の自動券売機で買う日本の交通系スマートカードの SUICA や PASMO に近づいた感じですね。日本ではキャッシュカード風にコンビニや自販機でも使えるところが優っています。カード一枚で鉄道と細かな買い物の支払いが済ませられるのは便利です。PRESTO もそうなって欲しいものです。